「日刊まにら新聞」ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピン発のニュースを毎日配信しています。

本日休刊日

大衆紙の話題

「卵をたくさん食べて」

[ 256字|2024.02.08 ]

 農務省のアーネル・デメサ報道官はこのほど、鶏卵の消費を促進するため、社会福祉開発省や国家栄養委員会と提携したキャンペーンを計画していると明らかにした。卵が最も安価なタンパク源だとして国民に鶏卵の積極的な消費を訴えるという。鶏卵の供給が需要を大きく上回り小売価格が急激に下落しているためで、業界団体のフィリピン鶏卵評議会によると現在、市場での鶏卵の小売価格は小サイズで4~5ペソ、中サイズで5~6ペソに下がっている。鶏卵が供給過剰になっているのは、最近の数週間の気温が低かったためだとしている。(7日・ブルガ-)

最近の話題