「日刊まにら新聞」ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピン発のニュースを毎日配信しています。

マニラ
34度-26度
両替レート
1万円=P3,690
$100=P5785

7月14日のまにら新聞から

「奇跡の赦し」平和につなぐ 英雄墓地などで式典

[ 1882字|2023.7.14|社会 (society) ]

日本人戦犯恩赦から70年。比日の恩赦功労者の子孫が英雄墓地などでの式典に参席

英雄墓地のキリノ大統領の墓標前で開かれた恩赦70周年式典=13日、首都圏タギッグ市で竹下友章撮影

 今月故エルピディオ・キリノ元大統領が日本人戦犯105人を恩赦して70年の節目を迎えたことを記念する式典が13日、キリノ大統領が埋葬されている英雄墓地(タギッグ市)、モンテンルパ美術館の2カ所で式典が開かれた。英雄墓地では、比国軍儀仗兵の指揮の下、キリノ元大統領の墓標への花輪贈呈の儀式が執り行なわれた。越川和彦駐比日本国大使、国際協力機構(JICA)比事務所の坂本威午所長のほか、フィリピン日本商工会議所の下田茂会頭(丸紅フィリピン社長)、マニラ日本人会の高野誠司会長(フィリピン住友商事社長)ら比日系企業、日本人社会の代表者約20組が花輪を手向け、現在の友好関係の礎となった70年前の怨讐(おんしゅう)を超えた赦(ゆる)しに敬意と感謝の誠を捧げた。

 日本人戦犯が収監されていたニュービリビッド刑務所のあるモンテンルパ市のモンテンルパ美術館で行われた式典では、キリノ元大統領のめいに当たるキリノ財団代表のアレリアンヘラ・キリノ弁護士(79)も参加。家族に支えられながら舞台に上った同氏は、1953年7月6日に米国ボルチモアの病院から日本人戦犯に特赦を与えたことを伝えるキリノ大統領の談話を紹介。

 「私は比で服役している日本人戦犯に対し、比議会の承認を必要とする大赦ではなく、特赦を与えた。妻と3人の子ども、さらに5人の親類を日本人に殺された私だからこそ、日本人戦犯に特赦を与える最後の大統領であるべきなのだ。私は自分の子孫や国民に、われわれの友となりわが国に末永く恩恵をもたらすであろう日本人に対する憎悪の念を、私から受け継いでほしくない。だからこの措置を講じた。結局、比と日本は隣人となる運命なのだ」。

 アレリアンヘラ氏は、この赦しの決断はキリノ大統領が世界平和の基(もとい)であると信じる博愛の情を、世界の人々に呼び起こすよう祈りを込めたものだったことを説明した。

 ▽赦し難きを赦す

 式典には、キリノ大統領への43通の嘆願の手紙を送るなど、恩赦実現に大きな貢献を果たした画家・加納莞蕾(本名・辰夫)の四女で、現在加納美術館(島根県安来市)名誉館長の加納佳世子さん(78)も出席し、父・莞蕾の平和への取り組みを説明した。

 加納さんによると、戦時中、従軍画家として朝鮮半島に赴任していた莞蕾は戦後、復員した古瀬貴季元海軍少将と出会う。「戦争は間違いであり、将来のある若者を死地に送り込んだ私の罪は大きい」。こう言って軍事法廷での死罪を受け入れる意思を固めている古瀬に心を打たれた莞蕾は、当時4歳の佳世子さんと共に東京に行き、助命活動を開始。

 政府関係者からの紹介で駐日フィリピン代表部のベルナベ・アフリカ公使の肖像画を描く機会を得たことで、同公使と親交を深め、莞蕾は大統領に直接嘆願書を送ることを決意。キリノ大統領に加え、嘆願の手紙はローマ法皇やマッカーサー元帥など世界中の指導者に向け300通近く送られた。

 キリノ大統領に送った4通目の手紙では、日本国民として戦争の惨禍への悔恨の情を表しながら「平和は『目には目を』では達成しえず、『赦し難きを赦す』という奇跡を持ってのみ、人類は恒久の平和を手にする」とつづり、永久の平和に導く方法としての恩赦を訴えた。

 そうした活動が実り、1953年に恩赦が実現、105人の元日本人戦犯が帰国する。祝福ムードの国内に対し、莞蕾はあまり喜ばず「恩赦されたから終わりではなく、これを平和への歩みの始まりとしなくてはいけない」と、赦された側の未来に対する責任を語ったという。

 越川大使は「戦後10年と経っておらず比国民の多くが強い反日感情を抱いていた時期に、自身の家族も日本人により命を奪われたキリノ大統領が、恩赦の決断に至るまでの葛藤は言葉では言い表せない」と同大統領の苦悩に思いをはせ、「悲劇的な喪失や同胞からの厳しい批判にもかかわらず恨みと報復より平和と赦しの道を選んだ傑出した人物だ」とたたえた。

 また、「平和と赦しの道を選んだもう1人の比人」として元モンテンルパ市長イグナシオ・ブニエ氏の父、アルフレッド・ブニエ氏を挙げ、「(ニュービリビッド刑務所長を務めていた)ブニエ氏は自分の父親が日本軍によって処刑されたにもかかわらず日本人収監者に敬意をもって接した」と紹介した。

 その上で「キリノ大統領による歴史的な恩赦は1956年の比日国交正常化に向かう大きな契機となった」とし、深い感謝の念を表すとともに、「より強固な比日関係を築くため全力を尽くす」と誓った。(竹下友章)

社会 (society)