まにら新聞ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピン発のニュースを毎日配信しています。

マニラ
33度-24度
両替レート
取引なし

7月3日のまにら新聞から

中小零細の卸業者の苦境 防疫で回収進まず破綻の危機

[ 814字|2020.7.3|社会|新聞論調 ]

 新型コロナウイルス対策で防疫措置が延長され、中小零細企業は生き残りの闘いを強いられている。特に中小零細企業の58%を占める卸し・小売り業者がそうだろう。防疫措置で消費が冷え込む一方で、バヤニハン法が失効し家賃や債務返済、光熱費などの支払い義務がのしかかる。専門家によると、防疫措置が7月以降も継続した場合、中小零細企業の最低6割は破綻するという。そうなれば比経済の屋台骨が破壊される。

 危機的状況下、フィリピンでは最高の助け合い精神が発揮される場合もあれば、最悪の精神の発露もある。この状況を利用し値引きや支払勘定の帳消しを要求する輩も多い。実際の例を紹介しよう。ある夫婦は15年前に衛生用品の輸入流通業者として出発し、努力の結果、今では多くの小売店やコンビニ、スーパーなどに独自ブランドで商品を卸す。倹約家で利益はすべて事業資金に回していた。事業は伸び続けたが、ルソン地方に防疫強化措置が実施され事態は一変した。小売大手企業が同措置で会計課を閉鎖したとしてまず支払勘定の清算を拒否した。しかし、この顧客は店を開け続けかなりの収入を得ているのだ。そのうち商品を入れないのならサプライヤーリストから除外すると通知してきた。最大の顧客を失うのを恐れて夫婦は回収の目途なく、自己資金を崩して納入を続けている。6月に2月納入分を回収できたが、今後も同様な回収になるという。

 別の知人の水産物卸業者は有名レストランチェーンからの回収が滞っている。支払いを要求すると「困っている時に支援しないのか」と怒りのメッセージが届きすべての注文がキャンセルされた。別のレストランチェーンは営業中にもかかわらず業者に支払いの7カ月間延期と過去の注文も含め全商品の10%値引きを要求してきたという。レストラン業界も苦しいのは分かる。しかし、中小零細の卸し業界が倒れてしまったら経済自体が立ち行かなくなる。(1日・スター、アンドリュー・マシガン)

社会

1年半ぶりに映画館再開 マカティ市では一部閉鎖のままも

[ 966字|2021.10.18| ] 無料記事

[防疫措置が敷かれた2020年3月以来、首都圏では一度も再開されていなかった映画館が、16日からの防疫警戒レベル3への引き下げに伴い、1年半ぶりに再開された。一方で、複数の映画館は閉鎖したままだった] 新型コロナ対策として防疫強化措置が敷かれた2020年3月以来、首都圏では一度も再開されていなかった映画館が、16日からの防疫警戒レベル3への引き下げに伴い、1年半以上ぶりに再開された。しかし、マカティ市の幾つかの映画館は閉鎖が継続していた。  新型感染症省庁間タスクフォース(IATF)は、これまで修正一般防疫地域(MGCQ)でのみ、座席数を50%に限定しての映画館営業を認めていた。  しかし、首都圏での防疫緩和は、一般防疫地域(GCQ)止まりであったことから、野外駐車場などでの屋外スクリーン上映以外、認められていなかった。  政府は今年2月中旬に首都圏を含めたGCQでの、映画館や一部の文化・娯楽施設、商業活動の再開を認めることを発表。その後、映画館については首都圏の首長らが感染拡大の懸念があるとして強硬に反対、3月以降に見送られ、貿易産業省も指針を作成するなど営業再開に尽くしてきたが、結局撤回されていた経緯がある。  15日の英字紙マニラタイムズ電子版によると、IATFは今回、ガイドライン改定版で警戒レベル3における映画館営業を初めて容認した。ワクチン接種を完了した客が対象で、座席数は30%まで。1座席越しのソーシャルディスタンスに、マスク着用と食事禁止も加わる。一方、屋外の映画上映では50%と定員の許容範囲は高い。 ▽再開準備の動きもなし  マカティ市チノロセス沿いの商業モール「ウォルターマート」5階にある映画館は17日、人気が無く再開を準備している気配すら感じられなかった。5階の飲食ブースで働く男性は「映画館のスタッフは長く見ていない。果たして再開するのかどうか分からない」と呟いた。映画を見に来たとみえる様子の客すら見当たらなかった。  グリーンベルト1の2階にある映画館も、同様に上映告知もなく、がらんとしていた。1階のチケット売り場にも人影すらなかった。正面で装飾品を売る女性は「再開するという話は聞いていない」と興味なさげに応じた。  首都圏ではすでに娯楽から映画館が消えてしまって久しい。その間にもネットフリックスをはじめ、月額で見放題の格安オンライン視聴のサービスが増えた。映画館がかつてのように再開したとしても、再び需要が戻ってくるのか、やや心配に感じた。(岡田薫)