まにら新聞ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピン発のニュースを毎日配信しています。

マニラ
33度-24度
両替レート
取引なし

10月11日のまにら新聞から

試される比社会 SOGIE平等法案めぐる議論

[ 766字|2019.10.11|社会|新聞論調 ]

 SOGIE(性指向とジェンダーアイデンティティ表現)平等法案は、提出当初から意見の相違が目立っていた。フィリピンのような非常に宗教色の強い社会では、法の下の平等と権利を求めるLGBTQ(性的少数者)コミュニティの闘いは困難を伴う。実際、彼らはすでに上院の激しい論争で苦境に立たされている。ソット上院議長は先だって「大統領がこの法案を緊急性が高いものだと明言しても、上院では通過しないだろう」と述べた。

 大統領はダバオ市で複数の団体に対し、同法案を緊急性の高いものとすると請け合ったが、大統領報道官はいつものように翌日にはその発言の真意を説明せねばならなかった。つまり、ダバオ市の条例のように反差別についての一般的な法律が必要だと大統領は述べたつもりだったというのだ。

 最近の動きとしては、ビリャヌエバ下院議員が率いる同法案に反対するキリスト教団体の連合組織をソット議長らが歓迎し、受け入れたことがある。議長は法案を上院では通させないと約束した。

 一方、彼らが面会した部屋の外では、法案を推進する活動家たちが集結し、LGBTQコミュニティの権利獲得の闘いを示す「SOGIEに人道的配慮を」という展示会を実施した。法案の起草者であるホンティベロス上院議員が加わり、展示が同コミュニティへの暴力への抵抗運動なのだと発言。トランスジェンダー女性がパンガシナン州のビーチで殺害された事件を挙げ、性的少数者へのヘイトクライムが急激に増えているとも指摘した。

 ソット議長は、少なくとも15人の上院議員が同法案に反対票を投じるつもりであると発表し、喜んでいる。しかしホンティベロス議員や同じ意見の人々は、法案だけでなく性的少数者の権利の擁護も順調に推し進めている。法案は対立を生むかもしれないが、必要なものなのだ。(8日・マラヤ)

社会

1年半ぶりに映画館再開 マカティ市では一部閉鎖のままも

[ 966字|2021.10.18| ] 無料記事

[防疫措置が敷かれた2020年3月以来、首都圏では一度も再開されていなかった映画館が、16日からの防疫警戒レベル3への引き下げに伴い、1年半ぶりに再開された。一方で、複数の映画館は閉鎖したままだった] 新型コロナ対策として防疫強化措置が敷かれた2020年3月以来、首都圏では一度も再開されていなかった映画館が、16日からの防疫警戒レベル3への引き下げに伴い、1年半以上ぶりに再開された。しかし、マカティ市の幾つかの映画館は閉鎖が継続していた。  新型感染症省庁間タスクフォース(IATF)は、これまで修正一般防疫地域(MGCQ)でのみ、座席数を50%に限定しての映画館営業を認めていた。  しかし、首都圏での防疫緩和は、一般防疫地域(GCQ)止まりであったことから、野外駐車場などでの屋外スクリーン上映以外、認められていなかった。  政府は今年2月中旬に首都圏を含めたGCQでの、映画館や一部の文化・娯楽施設、商業活動の再開を認めることを発表。その後、映画館については首都圏の首長らが感染拡大の懸念があるとして強硬に反対、3月以降に見送られ、貿易産業省も指針を作成するなど営業再開に尽くしてきたが、結局撤回されていた経緯がある。  15日の英字紙マニラタイムズ電子版によると、IATFは今回、ガイドライン改定版で警戒レベル3における映画館営業を初めて容認した。ワクチン接種を完了した客が対象で、座席数は30%まで。1座席越しのソーシャルディスタンスに、マスク着用と食事禁止も加わる。一方、屋外の映画上映では50%と定員の許容範囲は高い。 ▽再開準備の動きもなし  マカティ市チノロセス沿いの商業モール「ウォルターマート」5階にある映画館は17日、人気が無く再開を準備している気配すら感じられなかった。5階の飲食ブースで働く男性は「映画館のスタッフは長く見ていない。果たして再開するのかどうか分からない」と呟いた。映画を見に来たとみえる様子の客すら見当たらなかった。  グリーンベルト1の2階にある映画館も、同様に上映告知もなく、がらんとしていた。1階のチケット売り場にも人影すらなかった。正面で装飾品を売る女性は「再開するという話は聞いていない」と興味なさげに応じた。  首都圏ではすでに娯楽から映画館が消えてしまって久しい。その間にもネットフリックスをはじめ、月額で見放題の格安オンライン視聴のサービスが増えた。映画館がかつてのように再開したとしても、再び需要が戻ってくるのか、やや心配に感じた。(岡田薫)