まにら新聞ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピン発のニュースを毎日配信しています。

本日休刊日

4月6日のまにら新聞から

日本旅行にはまる比人観光客たち 桜の花見写真がSNSに氾濫

[ 750字|2018.4.6|社会|新聞論調 ]

 この聖週間に私は家族を連れて日本旅行した。驚いたことに私の友人たちや知らない人たちまで同時期に日本に出かけ、花見をしてきたようで、ソーシャルメディアには桜の花見の写真があふれていた。かつてフィリピン人は連休があると香港に出かけていた。飛行機代も高くなく、比較的広々とした部屋のホテルに泊まれて、しかも安い買い物が出来る場所があったため、家族連れに喜ばれた。しかし、今では5日以上の休みが取れると香港ではなく日本に行く。友人らによると、食事を楽しみたい者は大阪がお勧めで、コスモポリタンな都市を体験したい者は東京がお勧めという。また、たっぷり旅行をしたい者は北海道のニセコが良いという。日本旅行の人気が高まったのは、やはりアクセスが良くなりそれほど費用がかからず、しかもアドベンチャー気分が楽しめるからだろう。

 私がセルフィー写真を分析した限り、東京で一番人気が高いのはディスニーランドとディズニーシーだ。次いで富士山と御殿場。特に御殿場アウトレット街は女性客らに人気で、世界のどこのアウトレットより安く最新商品がゲットできるのでお勧めだ。

 比人旅行者らが日本に恋するのはよく分かる。空港はきれいで効率的に運営され、フライトも遅延しない。空港を出ると接客態度の良いタクシー運転手が待ち受けている。マニラで高架鉄道に乗っている者が東京の鉄道に乗ると羨ましくて涙が出そうだ。東京のレストランで食事しても料金の程度はまちまちでも確実に美味しい。トイレはどこもきれいだ。

 私を含め多くの者が日本旅行にはまっている。ある意味、われわれは日本に魅了されている訳だが、同時にそれは、東京にある物がなぜマニラにはないのか、と不満を感じていることも意味している。(2日・ブレティン、グレゴリオ・ララサバル)

社会

北米からは入国規制緩和か 事前陰性証明で隔離免除など

[ 727字|2021.10.23 ] 無料記事

【米国など北米からの比人永住者や米国人の入国規制緩和か。大統領顧問らが議論】 コンセプション大統領顧問(企業家養成担当)が呼び掛けたオンライン会合に閣僚や比大の研究チーム「ОCTAリサーチ」の代表者、駐米フィリピン大使や航空業界関係者らが参加し、米国を含む北米から比への入国者に対する隔離措置の免除などを含むコロナ防疫規制緩和に向けた議論が行われた。米国在住の比人永住者にとって帰省のネックとなっている長期の隔離措置を免除することで人の往来を増やし、航空業界の再活性化にもつなげる狙いがある。21日付英字紙マニラブレティンが報じた。  会合にはトゥガデ運輸相やロクシン外相のほか、ロムアルデス駐米フィリピン大使やОCTAのライ教授、フィリピン航空関係者らが参加した。会合でコンセプション大統領顧問は「首都圏のワクチン接種率も約8割まで上昇したほか、米国政府がすでにフィリピン人の米入国についてコロナ検査陰性証明とワクチン接種証明のみを義務付けている」と説明し、互恵的に比政府も米国籍の比人や米国人らに対して隔離措置を免除するなどの規制緩和に踏み切るべきとの考えを示した。  ОCTAのアウストリアコ氏も比国内での最近の新規感染者数、平均6千件のうち海外旅行者からの感染ケースが平均1・8件に過ぎず、ほぼ国内感染が占めているとの知見を紹介した。  また、航空関係者も北米からの航空機利用者の9割がワクチン接種者で、その入国後陽性率も比較的他の路線に比べて少ないとの調査結果を伝えた。さらにロムアルデス駐米比大使もボストンを拠点とする企業が乗客向けPCR検査を米国の空港で実施しその結果を比の空港到着時に比当局が入手できる試験的な検査方法を提案しているとして、よりスムーズな国際移動の確立に向け努力する意向を示した。(澤田公伸)