「日刊まにら新聞」ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピン発のニュースを毎日配信しています。

マニラ
33度-25度
両替レート
1万円=P4,050
$100=P5,200

お知らせ

  • 5月1日よりPDF版は以前の紙面と同じレイアウトに戻り日本のニュース(経済・スポーツなど)もご覧いただけます。ログイン後、サイドバーの「まにら新聞PDF」をクリックしてください。※当日会員様はPDFにアクセスできません。この機会に月間・年間・マスター会員への変更をご検討ください。
  • 月刊情報誌「ナビマニラ5月号(Vol.89)」を発行しました。オンライン版はこちら

最新のトップ記事

「超法規殺害の要因は政軍関係」 山根健至福岡女子大准教授

山根健至准教授=20日、SAC主催のウェビナー

 福岡女子大の山根健至准教授(国際関係学)は20日、日本の人権NGO「ストップ・ザ・アタックス・キャンペーン」(SAC)主催のウェビナーで、フィリピンの「超法規的殺害」問題をテーマに講演を行った。その中で同准教授は、超法規的殺害が権威主義的統治を敷いたマルコス、ドゥテルテ両政権だけでなく、エドサ革命(2月政変)後の歴代政権でも行われてきたことに着目。民主化後も超法規的殺害が無くならない構造的要因を政治と軍の関係(政軍関係)から解説し、その制度化が進んでいるとした。

最新の写真記事

メトロマニライベント情報

新鮮野菜詰め放題 アラバンでイベント

 開催高原野菜やフルーツの栽培が盛んなバギオをはじめルソン地方北部の農家による産地直販イベント「Box-All-You-Can (BAYC)」が8日から アラバン(首都圏モンティンルパ市)で開催される。コロナ禍で困窮する農家の支援活動から、農業を事業とする企業となったルーラル・ライジング・フィリピン(Rural Rising Philippines)が主催する。大きさ16×16インチ(約41×41センチ)の箱に、カリフラワー、トウモロコシ、スイカ、バナナ、パイナップル、キャベツ、サヨテ、ズッキーニ、日本キュウリ など、新鮮な青果物を好きなだけ詰めて持ち帰ることができる。料金は699ペソ(予価)。野菜や果物のほか、コルディリエラ地方産コーヒーなども販売される。イベントについての詳細はフェイスブックを参照。
https://www.facebook.com/ruralrisingph/posts/2759861160987824
開催期間:2022年4月8日(金)、9日(土)、10日(日)午前10時~午後9時 
会場:アヤラモール・アラバン・タウンセンター・アクティビティ・センター
Upper Ground Floor, Alabang Town Center, Access Road, Ayala Alabang, Muntinlupa City