「日刊まにら新聞」ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピン発のニュースを毎日配信しています。

マニラ
33度-25度
両替レート
1万円=P4,020
$100=P5,220

5月13日のまにら新聞から

PAL国内線運航数コロナ前の80%に復活

[ 265字|2022.5.13|経済 (economy)|econoTREND ]

フィリピン航空(PAL)は11日、国内線運航数がコロナ禍前の水準の80%まで回復したと明らかにした。

 フィリピン航空(PAL)は11日、国内線運航数がコロナ禍前の水準の80%まで回復したと明らかにした。国際線は同60%の水準でとどまっている。同社はコロナ禍前には毎日約300便を運航し、うち170便が国内線、130便が国際便だった。国内線170便のうち8割がすでに復活しているという。同社は5月から積極的に就航便数を拡大させており、国際線で29都市、国内線で43都市に乗り入れを行っている。PALは昨年、貨物事業部門が好調で、包括純利益が565億ペソと20年の730億ペソの損失から一転、黒字経営に回復している。(12日・マラヤ)

econoTREND

自宅勤務制限の順守状況査察へ

[ 354字|2022.5.20|econoTREND ] 無料

比経済区庁(PEZA)などに登録しているビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPО)やIT関連企業に対し政府が4月1日から自宅勤務シフトから職場勤務シフトへの移行を義務付けている問題で、内国歳入庁(BIR)は18日、経済特区で操業するBPО企業などが自宅勤務制限を順守しているかチェックするため特別査察チームを設置したことを明らかにした。