「日刊まにら新聞」ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピン発のニュースを毎日配信しています。

マニラ
31度-25度
両替レート
1万円=P4,140
$100=P5,220

1月25日のまにら新聞から

850メガワット再エネ事業で対抗入札公募 マニラ電力

[ 350字|2022.1.25|経済 (economy)|econoTREND ]

 マニラ電力(メラルコ)はこのほど、テラソーラー社による蓄電施設を併用した総発電量850メガワットの太陽光発電事業提案に関する対抗入札の公募を開始した。テラソーラーはプライム・インフラストラクチャー・キャピタルとソーラーフィリピンズ・パワープロジェクト・ホールディングスの合弁企業で、バタンガス―カビテ、ヌエバエシハ、タルラック、サンバレス各州における太陽光発電事業を提案している。メラルコに対して20年間にわたり、キロワット時当たり6.08ペソで電力を供給する提案を行っている。提案書では2026年2月26日までに600メガワット分の、27年2月26日までに残りの250メガワット分のそれぞれ電力供給を開始する計画。対抗提案入札に関する意向書の提出期限は2月2日までとなっている。(24日・スター)

経済 (economy)

自宅勤務制限の順守状況査察へ

[ 354字|2022.5.20|econoTREND ] 無料

比経済区庁(PEZA)などに登録しているビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPО)やIT関連企業に対し政府が4月1日から自宅勤務シフトから職場勤務シフトへの移行を義務付けている問題で、内国歳入庁(BIR)は18日、経済特区で操業するBPО企業などが自宅勤務制限を順守しているかチェックするため特別査察チームを設置したことを明らかにした。