まにら新聞ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピン発のニュースを毎日配信しています。

マニラ
27度-23度
両替レート
1万円=P4,420
$100=P5,055

9月23日のまにら新聞から

モレノ氏が立候補表明 ペアはユーチューバー医師

[ 689字|2021.9.23|政治 ]
大統領選への立候補を表明するマニラ市のモレノ市長=22日、マニラ市

 マニラ市のイスコ・モレノ市長は22日、来年5月に控える大統領選挙への立候補を正式に表明した。また、ペアを組む副大統領候補はソーシャルメディア上で有名な医師のウィリー・オン氏だと発表した。

 22日の英字紙インクワイアラー電子版によると、同日開催された出陣式でモレノ氏は「皆さんは私のリーダーシップと正直さを既に知っていると思う。私の愚直さは個人的信念であれ、政策であれ変わらない。来年5月、私を大統領として受け入れてほしい」と述べ、支持を訴えた。

 同氏は透明性のある国政を約束、「国を癒やし、復興と和解をもたらす」大統領になると宣言した。また、政権をとった際に直面する問題を「過去の政権のせいにしない」とし、「過去の政治問題にこだわらず、未来志向で進んでいく」と語った。

 副大統領ペアとして発表されたオン氏は、フェイスブックやユーチューブでの医療アドバイスで有名な人物。フェイスブックでは1820万人のフォロワーがおり、ユーチューブチャンネルの登録者は652万人。2019年上院選に立候補し落選している。

 GMAニュース電子版によると、モレノ陣営は当初グレース・ポー上院議員をペア候補とし、交渉を重ねたが拒否されたという。

 マニラ市の貧困地区トンド生まれのモレノ氏は、俳優を経て2007〜16年までマニラ市の副市長を3期連続務めた後、19年にマニラ市長に当選。市政が評価され、特に首都圏では大統領候補として有力視される。6月の世論調査では支持率14%とサラ・ダバオ市長(26%)に次いで2位だったが、首都圏では23%の支持を集め首位に立っている。(竹下友章)

政治

ボンボン氏49%でトップ 大統領選10月の世論調査

[ 1117字|2021.10.26| ] 無料記事

【大統領選に関する10月の世論調査でボンボン氏が49.3%の支持を集めトップに】 政治コンサルタント会社パブリカス・アジアは22日、正副大統領候補に関する10月世論調査結果を発表、1972〜81年にかけて戒厳令を敷いたフェルディナンド・マルコス元大統領の長男、ボンボン元上院議員が、49・3%の支持を集めトップに立った。7月の同調査の17・8%から31・5ポイント増と支持を急拡大させた。調査は立候補を届け出た候補を選択肢に実施したため、前回20・8%でトップだったドゥテルテ氏の娘でダバオ市長のサラ氏は対象外。サラ支持層がボンボン氏に流れた可能性もある。  23日のマニラタイムズ電子版によると、ボンボン氏に次いでロブレド副大統領が21%の支持を集めた。前回より7・8ポイント支持率を上げている。一方、マニラ市のモレノ市長は2・5ポイント減の9%、パッキャオ、ラクソン両上院議員は3%と低迷。最大与党・PDPラバン公認のデラロサ上院議員は1・9%。現政権批判層からの支持はロブレド氏に集まった格好だ。  一方、副大統領候補については、ドゥテルテ氏の「側近中の側近」でデラロサ氏とペアを組むボン・ゴー上院議員が23・6%で首位。次いでモレノ市長のペアでユーチューバー医師のオン氏が19%、ラクソン氏ペアのソット上院議長が17・3%、ロブレド氏ペアのパギリナン上院議員が12・3%だった。  パブリカスは「17%の回答者はどの副大統領に投票するか決めていない。これは重要だ」と指摘。支持率トップとなったボンボン氏は副大統領ペアを指名していない。  パブリカス・アジアは03年設立。パシッグ市を拠点にロビー活動や選挙運動マネジメントを請け負う。  ▽サラ氏と会見  24日付英字紙トリビューンによると、ボンボン氏は23日、セブ市で開かれたイェッダ・ロムアルデス下院議員の誕生日会でダバオ市のサラ市長と面会した。  またボンボン氏はセブ州のガルシア知事とその義理の息子であるフラス コ下院議員を訪問。同議員の妻でセブ州リロアン町長のクリスティーナ氏はサラ氏個人の広報担当を務める。  まにら新聞の取材に対し、同町長は「サラ市長はボンボン氏に自身が党首を務める改革党による支援を申し出た」ことを明らかにした。  サラ氏は7月にガルシア知事を訪れた際、大統領選への立候補について知事に相談していた。前回の大統領選ではガルシア知事率いる地域政党ワンセブ党の支援により、ドゥテルテ大統領はセブ州で110万票を獲得、当選への大きな支えとなった。  サラ氏はダバオ市長選へ立候補しているが、11月15日までは政党からの代理立候補が可能。ボンボン―サラ正副ペア実現の可能性もある。(竹下友章、ロビーナ・アシド)