「日刊まにら新聞」ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピン発のニュースを毎日配信しています。

マニラ
33度-23度
両替レート
1万円=P4,050
$100=P5,575

9月26日のまにら新聞から

非常に強い台風16号ルソン横断 首都圏など8地域で休校

[ 525字|2022.9.26|気象 災害 (nature) ]

非常に強い台風16号がルソン島を横断。強風注意報で最大のシグナル5も発令

 非常に強い台風16号(比名・カルディン)が25日からきょうにかけ、ルソン地域を横断する。比気象庁の発表によると、台風16号は25日午後5時時点でケソン州西方沖にあり、瞬間最大風速は時速240キロメートル、中心気圧は920ヘクトパスカル。時速20キロメートルで西に進んでいる。

 災害対策本部は25日、首都圏およびイロコス、カガヤンバレー、ビコール、中部ルソン、カラバルソン、ミマロパの6地域、コルディリエラ行政区に対し、行政機関の休業・学校の休校を提言。大統領は同日午後5時半までに承認した。

 気象庁は、ケソン州ポリリョ島、アウロラ州南部、ヌエバエシハ州南部、パンパンガ州、ブラカン州中・東部、リサール州北部、パンパンガ州東部に5段階の強風警報で最大のシグナル5を発令。首都圏では、ケソン、バレンズエラ、カロオカン、ナボタス、マラボン、カロオカン、マリキナの6市にシグナル4を出した。

 比沿岸警備隊は25日正午時点で、カラバルソン、ビコール両地域で貨物船39隻、モーターボート15隻、船舶18隻が台風の影響で座礁し、船舶71隻、モーターボート35隻が緊急避難したと発表。乗船していた2519人は最寄りの避難所に避難したという。(竹下友章)

気象 災害 (nature)