「日刊まにら新聞」ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピン発のニュースを毎日配信しています。

マニラ
28度-26度
両替レート
1万円=P4,050
$100=P5825

9月18日のまにら新聞から

10月に運賃値上げラッシュ タクシー初乗りも45ペソへ

[ 676字|2022.9.18|経済 (economy) ]

陸運事業認可調整委員会(LTFRB)は16日、ジプニー、バス、タクシーなど一連の公共交通機関の運賃引き上げを承認。10月4日から初乗り料金はジプニー12ペソ、タクシーも45ペソへ引き上げられる

 陸運事業認可調整委員会(LTFRB)は16日、「原油の継続的な高騰に伴う運賃引き上げの必要性を認識した」として、公共交通機関のジプニーやバス、タクシーなどの運賃引き上げを承認した。運賃引き上げは、同委員会の通達が全国紙に公示された後、10月4日から発効する。

 旧式ジプニーの初乗り運賃は暫定的措置として現行の11ペソから12ペソに引き上げられるほか、エアコン付きの新型ジプニーも現行の13ペソから14ペソに1ペソずつ引き上げられる。また走行加算料金は1キロ当たりで旧式ジプニーで現在より30センタボ増の1ペソ80センタボ、新型は同40センタボ増の2ペソ20センタボとなる。

 都市循環バスや長距離バスの初乗り運賃も13~15ペソへと現行より2ペソ上がり、走行加算料金も同35~50センタボがバスの種類によって引き上げられる。タクシー及び、ウーバーやグラブなどアプリを使った配車サービスの初乗り運賃もそれぞれ5ペソ引き上げられ、10月から45ペソとなる。

 ジプニー運賃の引上げは7月以来、3カ月ぶり。タクシーの初乗り運賃については、一時的な30ペソへの値下げ措置はあったものの、40ペソから値上げするのは2011年1月以来、実に11年ぶりとなる。

 同委員会のチェロイ・ガラフィル氏は「運行者団体の値上げ要請を100%承認しているわけではない。通勤する国民が(値上げの)負担に耐えられるかどうかを考慮する必要があった」と説明している。LTFRBによると、高齢者や障害者、学生には引き続き20%の割引き措置が適用されるという。(沼田康平)

経済 (economy)