「日刊まにら新聞」ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピン発のニュースを毎日配信しています。

マニラ
31度-25度
両替レート
1万円=P4,140
$100=P5,220

1月20日のまにら新聞から

イワシ・サバをさらに追加輸入へ 農務省が6万トン分を承認

[ 303字|2022.1.20|経済 (economy)|econoTREND ]

 ダール農務省は18日、今年第1四半期(1~3月)にイワシやサバなどの小型遠海魚6万トンを追加輸入することを承認したと明らかにした。台風22号(比名オデット)による漁業分野の被害が39億7千万ペソに達するなど水産業の落ち込みが予想され、漁業水産資源局が1~3月期に11万9千トン分の水産資源が国内で不足するとの予測を受けて、緊急輸入を決めたという。同省は昨年10~12月期にもアジなどの小型魚6万トンの輸入を実施したばかり。しかし、大衆魚であるムロアジの国内小売価格は18日時点で1キロ当たり平均220ペソと高止まりしているほか、輸入品のムロアジはキロ240ペソとさらに高値が付いている。(19日・スター)

経済 (economy)

自宅勤務制限の順守状況査察へ

[ 354字|2022.5.20|econoTREND ] 無料

比経済区庁(PEZA)などに登録しているビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPО)やIT関連企業に対し政府が4月1日から自宅勤務シフトから職場勤務シフトへの移行を義務付けている問題で、内国歳入庁(BIR)は18日、経済特区で操業するBPО企業などが自宅勤務制限を順守しているかチェックするため特別査察チームを設置したことを明らかにした。