「日刊まにら新聞」ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピン発のニュースを毎日配信しています。

マニラ
31度-25度
両替レート
1万円=P4,140
$100=P5,220

1月18日のまにら新聞から

4カ月間の粗糖生産量が4.6%増 通年では前年度下回るか

[ 323字|2022.1.18|経済 (economy)|econoTREND ]

 砂糖規制庁によると、2021年9月1日から22年1月2日までの国内の粗糖生産量が65万7352トンで前年同時期に比べて4.63%増加している。また、精製砂糖の生産量は22万4197トンで前年同期比54%増加した。精製したサトウキビの総量は789万トンで同2.13%増加している。一方、同庁の予測では、21年9月から22年8月までの現収穫年度における粗糖生産量の合計は209万9700トンで、前年収穫年度(20年9月~21年8月)の214万3000トンに比べると2.2%減と若干縮小する見通しだという。21~22年収穫年度で生産された砂糖はすべて「B」クラスに指定されており、米国輸出に回さず、すべて国内向けに出荷されるという。(17日・スター)

経済 (economy)

自宅勤務制限の順守状況査察へ

[ 354字|2022.5.20|econoTREND ] 無料

比経済区庁(PEZA)などに登録しているビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPО)やIT関連企業に対し政府が4月1日から自宅勤務シフトから職場勤務シフトへの移行を義務付けている問題で、内国歳入庁(BIR)は18日、経済特区で操業するBPО企業などが自宅勤務制限を順守しているかチェックするため特別査察チームを設置したことを明らかにした。