「日刊まにら新聞」ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピン発のニュースを毎日配信しています。

マニラ
31度-25度
両替レート
1万円=P4,140
$100=P5,220

1月18日のまにら新聞から

第4四半期成長率は7.4%か ジョクノ中銀総裁予測

[ 321字|2022.1.18|経済 (economy)|econoTREND ]

 ジョクノ中央銀行総裁はこのほどマニラ・ロータリークラブの会合で講演し、フィリピンの2021年第4四半期(10~12月)における国内総生産(GDP)伸び率が7.4%まで拡大するとの見通しを示した。前期7~9月期の7.1%増からさらに拡大する見込み。コロナ禍で比の経済成長率は2020年第1四半期から5四半期連続でマイナス成長を記録したが、21年4~6月に12%増と回復して以来、大幅なプラス成長率になっている。2022年の経済成長率予測について同総裁は、「オミクロン株による感染拡大が続いているが、2月中旬から3月までにはこの変異株はなくなると期待しており、年間7~9%成長という政府目標は達成されるだろう」と自信を示した。(17日・スター)

経済 (economy)

自宅勤務制限の順守状況査察へ

[ 354字|2022.5.20|econoTREND ] 無料

比経済区庁(PEZA)などに登録しているビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPО)やIT関連企業に対し政府が4月1日から自宅勤務シフトから職場勤務シフトへの移行を義務付けている問題で、内国歳入庁(BIR)は18日、経済特区で操業するBPО企業などが自宅勤務制限を順守しているかチェックするため特別査察チームを設置したことを明らかにした。