「日刊まにら新聞」ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピン発のニュースを毎日配信しています。

マニラ
31度-25度
両替レート
1万円=P4,140
$100=P5,220

7月21日のまにら新聞から

コメ備蓄量が7.5%減 トウモロコシは増加

[ 198字|2021.7.21|経済 (economy)|econoTREND ]

 フィリピン統計庁によると、5月時点のコメ備蓄量は258万トンで前年同月比7.5%減少した。しかし、前月の244万トンからは5.8%増加した。備蓄量のうち最も大きな割合は各家庭の保有分で、前年同月比6.2%減の142万トンだった。国家食糧庁の備蓄量は24万1千トンで同24.2%減と大きく減少した。一方、トウモロコシの備蓄量は82万6千トンで、前月比15.8%増加した。(18日・マニラタイムズ)

経済 (economy)

自宅勤務制限の順守状況査察へ

[ 354字|2022.5.20|econoTREND ] 無料

比経済区庁(PEZA)などに登録しているビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPО)やIT関連企業に対し政府が4月1日から自宅勤務シフトから職場勤務シフトへの移行を義務付けている問題で、内国歳入庁(BIR)は18日、経済特区で操業するBPО企業などが自宅勤務制限を順守しているかチェックするため特別査察チームを設置したことを明らかにした。