「日刊まにら新聞」ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピン発のニュースを毎日配信しています。

マニラ
31度-25度
両替レート
1万円=P4,140
$100=P5,220

4月30日のまにら新聞から

豚肉をルソンに供給 ビサヤ・ミンダナオ

[ 343字|2020.4.30|経済 (economy)|econoTREND ]

 農業関係者が加入する市民団体SINAGはこのほど、ミンダナオ地方やビサヤ地方で余剰生産が続く豚肉を防疫強化措置で在庫が薄いルソン地方に大量出荷するよう農務省に要請した。同団体によると、ミンダナオ地方南部やビサヤ地方にある冷蔵施設には現在、最低3カ月分に相当する豚肉の在庫があるという。ルソン地方では防疫強化措置で豚肉の供給量が拡大するも、ビサヤやミンダナオ地方からの余剰分も加えると供給が安定するとしている。農務省によると、鶏肉の需要も普段より24%増加しているとして生産拡大を目指している。一方、同団体はパンデミックが続いていることから食糧危機が世界的に発生する可能性があるため、国内の豚肉や鶏肉の供給量がだぶついても、それらの生産を続けるべきだとしている。(27日・スター電子版)

経済 (economy)

自宅勤務制限の順守状況査察へ

[ 354字|2022.5.20|econoTREND ] 無料

比経済区庁(PEZA)などに登録しているビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPО)やIT関連企業に対し政府が4月1日から自宅勤務シフトから職場勤務シフトへの移行を義務付けている問題で、内国歳入庁(BIR)は18日、経済特区で操業するBPО企業などが自宅勤務制限を順守しているかチェックするため特別査察チームを設置したことを明らかにした。