「日刊まにら新聞」ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピン発のニュースを毎日配信しています。

マニラ
32度-22度
両替レート
取引なし

11月17日のまにら新聞から

クラーク空港総合開発地元企業が政府に提案

[ 245字|2017.11.17|経済 (economy)|econoTREND ]

 ゴコンウェイ財閥の持株会社、JGサミット・ホールディングス社と不動産開発大手フィリンベスト・ディベロップメント社はこのほど、比政府に対し、ルソン地方中部パンパンガ州にあるクラーク国際空港の新ターミナル建設や商業施設開発などを含む長期的な総合開発事業を提案した。事業総額は8390億ペソ。運輸省と基地転用開発局は今年初めにクラーク国際空港拡張事業(第1期)の設計・調達・建設請負業者の選定に向けた入札を行うと発表し、すでに国内外の12社が応札希望を示している。(14日・スタンダード電子版)

経済 (economy)