まにら新聞ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピン発のニュースを毎日配信しています。

マニラ
31度-23度
両替レート
1万円=P4,420
$100=P5,020

8月18日のまにら新聞から

上半期の鉱石出荷額が4%増

[ 292字|2017.8.18|経済|econoTREND ]

 環境天然資源省鉱山地質学局によると、上半期の金やニッケルなど主要鉱石の出荷額は510億ペソで、前年同期比4%増加した。海外での鉱石価格の上昇が理由。金の出荷額が228億ペソと全体の45%を占めて最多。国内ではビコール地域で操業するフィルミネラ・マイニング社の金鉱山とカガヤン州で操業するオセアナ・ゴールド・フィリピンズ社の金鉱山が最大規模で、この2鉱山で国内の金生産量の半分以上を産出している。次いで多かったのはニッケル鉱石およびニッケル・コバルト混合硫化物の出荷額で、184億5000万ペソと同23%増加した。一方、銅の出荷額は89億ペソで同1%減少した。(16日・スター電子版)

経済