「日刊まにら新聞」ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピン発のニュースを毎日配信しています。

本日休刊日

3月10日のまにら新聞から

セブでケーブルカー事業計画浮上

[ 264字|2017.3.10|経済 (economy)|econoTREND ]

 マクタン・セブ国際空港の新ターミナル建設の事業主体であるインドと比の企業連合体、GMR─メガワイド・セブ・エアポート社の幹部はこのほど、セブ州マクタン島にケーブルカーを建設する事業計画を明らかにした。セブの渋滞緩和に寄与すると同時に、鉄道建設などと違い用地収用が容易で事業費も少なくて済むため、最も有効な輸送機関事業だと提案している。マクタン島のリゾートやセブ国際空港などを結ぶ8〜10カ所ほどの駅を路面に設置して、ケーブルカーを走らせる構想。同社が建設中の新ターミナルは2018年に完工予定。(6日・インクワイアラー電子版)

経済 (economy)

自宅勤務制限の順守状況査察へ

[ 354字|2022.5.20|econoTREND ] 無料

比経済区庁(PEZA)などに登録しているビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPО)やIT関連企業に対し政府が4月1日から自宅勤務シフトから職場勤務シフトへの移行を義務付けている問題で、内国歳入庁(BIR)は18日、経済特区で操業するBPО企業などが自宅勤務制限を順守しているかチェックするため特別査察チームを設置したことを明らかにした。