「日刊まにら新聞」ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピン発のニュースを毎日配信しています。

マニラ
32度-25度
両替レート
1万円=P4,040
$100=P5835

8月15日のまにら新聞から

台風オデットからの復興① 「きょうだいの見舞金が嬉しかった」 8カ月目のセブの現状 台風・新型コロナの二重苦で

 [ 1443字|社会 (society) ] 無料

2021年末にビサヤ地方やミンダナオ地方の北部一帯を襲った大型の台風22号(比名オデット)。それから8カ月目を迎えつつある8月4日と5日にセブ州を取材した

 2021年のクリスマスを前にビサヤ地方やミンダナオ地方北部一帯を襲った大型の台風22号(比名オデット)は、被災した各地で通信や電気、水道を数週間から数カ月にわたって寸断した。家屋倒壊や土砂崩れなどによる死者は400人以上に達した。世界的な観光地として有名な北スリガオ州のシャルガオ島やセブ島南東にあるボホール島、日本人観光客も多いセブ・マクタン島やその離島など地域一帯は壊滅的被害を被った。台風直後には「完全復興には2025年までかかる」との憶測も聞かれた。それから8カ月を迎えつつある8月4日と5日にセブ州の現地を取材した。昨年大晦日に訪れた際、マクタン・セブ国際空港(ラブラプ市)周辺やセブ市内でも倒木や電柱が倒れ、家屋や建物の倒壊や半壊も目に付き、一部を除いて、ほぼ電気や水道が途絶えたままだった。街全体に黒っぽい幕が下りたようで、まさに混乱の最中にあった。通信も途絶え、橋を隔て「孤島」と化したマクタン島では、被害の深刻さに言葉を失った。当時と比べれば、今回目に付いたのは、観光地としての表情を取り戻しつつあり、過去よりも現在に生きるセブ住民の前向きな姿だった。

Philippines, China agree to restart talks for major transport projects

[ 147 words ] 英字 (English) 無料

Transportation Secretary ...

At least 25,000 students expected to avail of free rides at LRT-2

[ 279 words ] 英字 (English) 無料

At least 25,000 students ...