まにら新聞ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピン発のニュースを毎日配信しています。

マニラ
27度-24度
両替レート
1万円=P4,600
$100=P4,810

1月12日のまにら新聞から

比の渋滞 84カ国中ワースト9位 ASEANで最悪

[ 713字|2021.1.12|社会 ]
コロナ禍にも関わらずクリスマス休暇の買い物客や車両で大渋滞するケソン市の主要道路=2020年12月24日撮影(EPA=時事)

 国家・都市比較統計サイト「ナンベオ・ドット・コム」(本部・セルビア)の2020年半ば実施の国別調査によると、渋滞のひどさでフィリピンが84カ国中ワースト9位となった。東南アジア諸国連合(ASEAN)の主要6カ国の中では最悪となり、首都圏やセブ都市圏などを中心とした比の渋滞状況の深刻度を浮き彫りにしている。

 同調査では、輸送に必要な平均片道時間を分単位で示した「時間インデックス」、通勤時間が長いことによる不満の推定値である「時間経験」、公共交通機関を利用する代わりに車を運転せざるを得ないなどの状況を示す「非効率指数」、片道通勤で排出する二酸化炭素量を示す「二酸化炭素排出量指数」という4つの指標による複合指数(トラフィックインデックス)で渋滞の深刻度を数値化。半年ごとにデータを更新している。

 比の昨年半ば時点のトラフィックインデックスは198・33で、1年前の調査時から5ポイント近く上昇し、2019年半ば時点のワースト12位から同9位と3ランク順位が悪化。比の場合、特に「非効率指標」が全体のワースト9位、「時間インデックス」や「時間経験」でもワースト12位だった。

 最新ランキングにおいて国別で最も渋滞が深刻なのはナイジェリアで、2位がケニアとアフリカ諸国がワースト2を占めた。3位以下はスリランカ、バングラデシュ、エジプト、イラン、ペルー、インドの順。比に次いで10位に入ったのは南米のコロンビアだった。

 ASEAN主要国で比

に次いで渋滞が深刻だったのはインドネシア(12位)で、以下はタイ(20位)、マレーシア(23位)、シンガポール(35位)、ベトナム(63位)と続いている。(澤田公伸)

社会

中国製など3ワクチン治験へ FDAが申請を承認 ファイザーのみ緊急使用許可

[ 1351字|2021.1.21 ] 無料記事

【食品医薬品局は、コロナワクチンの国内での治験ついて、シノバック・バイオテクなど3社の申請を承認】 フィリピン食品医薬品局(FDA)は、新型コロナウイルスワクチンの国内での臨床試験(治験)について、中国の製薬会社シノバック・バイオテックなど3社の申請を承認した。FDAのドミンゴ局長が19日の記者会見で明らかにした。  ワクチンの治験申請が承認された社はシノバックのほか、米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)傘下のヤンセンファーマ(本社・ベルギー)と中国が拠点のバイオテクノロジー企業クローバー・バイオファーマシューティカルズ。  J&Jのワクチンは英アストラゼネカと英オックスフォード大が開発したのと同じ「ウイルスベクターワクチン」と呼ばれるタイプで、比較的安価に大量生産できる。接種が1回だけですみ、保管や輸送に特殊な設備が不要なことも利点。年内に10億回分の生産を目指している。  また、クローバーは英製薬会社グラクソ・スミスクラインと米ダイナバックス・テクノロジーズの協力で、免疫反応を高める物質(アジュバント)を加えているという。 ▽使用可まだファイザーのみ  英字紙スタンダードによると、FDAはワクチンの治験だけでなく緊急使用許可(EUA)に関する各社の申請も審査しているが、これまでに比政府がEUAを認めたのは米ファイザー社のワクチンだけ。ファイザーはすでに世界保健機関(WHO)が緊急使用を認めており、米英両国の承認を受けているが、シノバックは海外でも「成熟した規制当局」からのEUAは得ていないという。  コロナ対策のバヤニハン法に基づき、政府は医薬品の寄付を受け付けている。FDAのドミンゴ局長は「企業は他国で使用を承認されたワクチンの寄付ができる。FDAが認めれば保健省の監督の下、接種もできる」とし、企業からの寄付分については例外的に使用も可能としている。 ▽シノバックも申請へ  一方で「政府調達の場合は使用の際、EUAが必要で、EUAなしでは 使用はできない。シノバックワクチンがEUAの発行前に到着しても、接種はできない」と説明した。  ドミンゴ局長によると、シノバック社はEUAの申請を近く行う予定で、そのためにこれまでの試験データと中国政府が認めたEUAの文書を提出することを約束しているという。  先週、来比した中国の王毅外相がワクチン50万回分を比政府に寄贈する意向を明らかにしたことについて、同局長は会見で「ワクチン選定をめぐるFDAの評価に影響を与えないだろう」と述べた。 ▽インド製も確保  ノルウェーでファイザー製ワクチンを接種された高齢者33人が後に死亡したという報道についての質問に対し、同局長は「ワクチンに副作用が見つかった場合には、EUA取り消しなどの可能性もある」と答えた。同ワクチンのEUAには、すでに重度のアレルギーを持つ人の使用を禁じる警告が掲載されているという。  また、ロケ大統領報道官は19日、政府が新たにモデルナ社製ワクチン2千万回分を確保するとの見通しを明らかにした。政府はこれまでに、ノババックス社とインドの血清研究所が開発したワクチン3千万回分、シノバックから2500万回分、アストラゼネカから1700万本の計7200万回分を確保していると説明してきた。(谷啓之)