まにら新聞ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピン発のニュースを毎日配信しています。

マニラ
33度-23度
両替レート
1万円=P4,465
$100=P4,845

5月27日のまにら新聞から

ガレオン船の忘れられた挿話 御宿町への漂流

[ 645字|2018.5.27|社会|新聞論調 ]

 先週末、上智大学の寺田勇文教授の運転で、フィリピンと日本の間の忘れられた挿話を探しに千葉県御宿町へ向かった。黒いウェットスーツを着たサーファーでいっぱいの海岸に、2人の洋ナシ体型の学者の居場所はなく、海を見下ろす記念碑を訪れた。それは日西墨3国の友好関係の始まりを象徴するものだった。

 1609年9月30日、マニラからメキシコのアカプルコに向かっていたガレオン船3隻の一つ、サンフランシスコが難破し、御宿町沖に漂着。比の臨時総督だったドン・ロドリゴを含む比人乗組員ら300人以上が村民に救助された。

 御宿町の伝承によると、凍えて飢えたガレオン船の生存者たちは、海女たちに救助された。ロドリゴは9カ月間日本を旅行し、徳川家康と会見し、日本とメキシコの貿易拡大、ガレオン船による日本沿岸地図作成、キリスト教の布教などについて話し合った。

 漂着翌年の1610年8月には、ガレオン船サン・ブエナ・ベントゥーラが建造され、ロドリゴら難破船の生存者たちに加え、京都商人の田中勝介がメキシコに渡った。総督のルイス・デ・ベラスコは、日本人を大歓迎し、翌年の1611年には特使を日本に送り、ロドリゴらの救出に謝意を伝えた。

 御宿町の看板に描かれた日本、メキシコ、スペインの旗を見ると、なぜ比がいないのかと思う。記念碑が建てられた1928年、メキシコはスペインから独立した一方で、比は米国の支配を受けていた。比は歴史から忘れられているようだ。(23日、インクワイアラー、アンベス・オカンポ氏)

社会

マニラ日本人学校で卒業式 タギッグ市許可 対面で実現

[ 835字|2021.3.9| ] 無料記事

【マニラ日本人学校で卒業式。タギック市の許可を得て少人数の対面で実現】 マニラ日本人学校(ダギッグ市、梶山康正校長)で8日、小学部と中学部の卒業式が行われた。同校の授業は昨年3月の新型コロナ防疫措置強化以来、オンラインのみで行われているが、卒業式はタギッグ市の許可を得て対面で行われ、約1年ぶりに生徒児童が学校に集まった。  ただし、日本に帰国中で受験などのため再入国できない生徒児童も多いことや、感染防止への配慮から、小学部卒業生22人、中学部卒業生15人のうち、実際に学校に来たのは小学部10人、中学部4人のみ。保護者約10人も参加したが、やや寂しい卒業式になった。他の卒業生や在校生はオンライン参加した。  バスケットボールコートで行われた式ではまず梶山校長が「未来は君たちの手の中にある。未来を創っていくのは君たち自身だ」と卒業生にはなむけの言葉を伝えた。  小学部在校生の「送る言葉」はオンラインで行った。中学部は2年生で1人だけ出席した生徒会副会長の南澤慧海(えかい)君が送辞で「全校みなで卒業生を祝福したかったが、卒業生の今後の活躍を願っている」と述べた。  答辞は生徒会会長の菊地娃香(あいか)さんが「コロナによって一つ一つ、いろいろなことが削られていってしまった」とこの1年を振り返りつつ、同級生、先生、親らに「これまで本当にありがとう」と涙声で繰り返し感謝の言葉を伝えた。菊地さんは「私たちはあすからそれぞれの道を歩んで行くが、ここは、ずっと第2のふるさとです」と結んだ。  式後、梶山校長は「出席者を絞り、屋外でやる ことで、なんとか対面で卒業式ができたことをうれしく思っている。タギッグ市の配慮にも感謝している」と語った。同市内の学校で対面の卒業式が行われるのは初めてで、同市職員も「モデルケース」として見学に訪れた。  マニラ日本人学校の在校生は現在、日本に帰国中の生徒児童を含め、小学部142人、中学部42人の計184人。昨年3月時点の計460人と比べるとコロナ禍で大幅に減っている。(石山永一郎)