まにら新聞ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピン発のニュースを毎日配信しています。

マニラ
33度-24度
両替レート
1万円=P4,830
$100=P5,195

最新のトップ記事

渋滞コスト1日35億ペソ JICAが損失を試算 4年前からさらに悪化

2017年の社会的費用が1日当たり35億ペソに上り、4年前の1.4倍に

渋滞するエドサ通り(資料写真)=冨田すみれ子撮影

 国際協力機構(JICA)フィリピン事務所の伊藤晋事務所長は22日、日比経済合同委員会の中で、首都圏の渋滞による1日あたりの社会的損失が2017年で35億ペソに上ったとの試算を明らかにした。移動需要の増加と乗用車数の増加が背景にあるとみられる。伊藤所長は35年には損失は54億ペソまで上昇するとしてインフラ整備の必要性を訴えた。

2月23日のニュース

最新の写真記事

Econo Trend

新聞論調

大衆紙の話題

ハロハロ

メトロマニライベント情報

村上春樹フェスティバルinマニラ

国際交流基金が、フィリピンでも人気の作家 村上春樹の作品を「語る」「観る」「聴く」といった、さまざまな形で体験するイベントを開催。ウェブサイト http://jfmo.org.ph/haruki-murakami-festival-manila/ (1)村上春樹フェスティバルinマニラオープニング・ナイト 村上春樹研究者、ピアニスト、歌手などが出演。【時】2月27日(火)午後5時〜 【所】 Leong Hall, Ateneo De Manila University, Quezon    City (2)村上春樹について語るTalking About Murakami 村上春樹研究者やフィリピンのピュリツァー賞とも呼ばれる Palanca 賞作家が村上作品について、さまざまな角度から語る。【時】3 月17 日(土)午後2時〜 【所】 Fully Booked, Bonifacio High Street Branch, Taguig City (3)村上春樹:ランニング&ライティング Murakami: Running & Writing Palanca 賞作家で熱心なランナーでもあるCimatu氏らが村上作品を語る。【時】3月18日(日)午後2時〜【所】 Fully Booked, Bonifacio High Street Branch, Taguig City【費】(1)(2)(3)のイベントはすべて無料 。ウェブサイトhttps://harukitalk.eventbrite.comより事前登録。空席あれば当日参加可。(4)映画「ノルウェイの森』上映【時】3 月15日(木)午後7時〜 (5)映画 『トニー滝谷』上映 【時】3月16日(金)午後7 時〜【所】(4)(5)の会場はUP Film Institute, UP Diliman, Quezon City 【費】(4)(5)の映画上映会は入場無料。当日先着順。(6)村上春樹を『聴く』ージャズ、クラシック、ビートルズ Listen to Haruki Murakami: Jazz, Classical Music and the Beatles 音楽評論家・小沼純一氏監修による村上作品に登場する数々の楽曲と、文章を織り交ぜた「オリ ジナルコンサート」。日本とフィリピンのトップアーティストが共演。【時】3月23 日(金)、24 日(土)午後8 時〜【所】 Globe Auditorium, Maybank Performing Arts Theater, BGC Arts Center, 26th St. Taguig City 【費】無料。2月27日(火)以降、ウェブサイトhttps://harukitalk.eventbrite.comより事前登録。空席あれば当日参加可。