「日刊まにら新聞」ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピン発のニュースを毎日配信しています。

マニラ
31度-25度
両替レート
1万円=P4,140
$100=P5,220

1月20日のまにら新聞から

ビコール国際空港事業 進捗率が72%に上昇

[ 250字|2021.1.20|経済 (economy)|econoTREND ]

 トゥガデ運輸相によると、ルソン島アルバイ州ダラガ町で建設中のビコール国際空港事業の進捗率が1月13日現在で、72.2%に達している。年間旅客受け入れ能力が200万人の空港となる予定で、完成すればビコール地域の空の玄関口として観光や商業での利用客が増えると期待されている。現在、中心的に使用されている同州レガスピ市にあるレガスピ空港は滑走路が短いのに加え、マヨン火山の火口部から12キロしか離れておらず、噴火の際に火山灰がすぐ積もるなど航空機の運行に支障を来すことが多かった。(17日・トリビューン)

経済 (economy)

自宅勤務制限の順守状況査察へ

[ 354字|2022.5.20|econoTREND ] 無料

比経済区庁(PEZA)などに登録しているビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPО)やIT関連企業に対し政府が4月1日から自宅勤務シフトから職場勤務シフトへの移行を義務付けている問題で、内国歳入庁(BIR)は18日、経済特区で操業するBPО企業などが自宅勤務制限を順守しているかチェックするため特別査察チームを設置したことを明らかにした。