まにら新聞ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピン発のニュースを毎日配信しています。

マニラ
33度-22度
両替レート
1万円=P4,410
$100=P5,010

まにら新聞について

概要

 まにら新聞が、東南アジア初の日刊邦字紙として産声を上げたのは、1992年5月。取材網の整備から広告編集、宅配制度の確立…、すべてゼロからのスタートでした。当時の名称は『Kyodo News Daily』。共同通信が編集した紙面を中心に「日本のニュースを毎朝届ける」ことが主な役割でした。

 フィリピンの邦人社会で、ことあるごとに耳にする言葉があります。「比日友好」。聞く人によって、様々に響く四文字。フィリピンで発行される邦字紙として、このテーマにどのように向かい合うのか。私たちは、フィリピンの人々を知り、紙面を通して読者の方々にも知っていただこう、と考えました。そこで、共同通信の編集面とは別に、独自に取材・編集した記事を組み込むようになりました。

 名称を『まにら新聞』に変更したのは、1996年1月。1面を独自取材した記事で制作し、一般記事とともに、日系人や出稼ぎ労働者問題、太平洋戦争などを取り上げた連載も随時掲載。そのほか経済ニュースの短信を週に2回、まとめて掲載する「エコノ・トレンド」や、主要都市の天気予報、英字紙などのトップニュース、為替相場などもコンパクトに。現在は毎週月曜日の2〜3面も独自編集し、識者のコラムや日常のニュースを掘り下げた記事、ビサヤ・ミンダナオ地方のニュース、イベントや映画情報などを紹介しています。

 また、比日双方向の理解に役立ててもらうため、日本語面とは別に、フィリピン人記者の独自記事や共同通信などアジアの通信社配信記事を使った英語面も編集しています。

「まにら新聞」編集部
webadmin@manila-shimbun.com

まにら新聞の主な受賞歴

  • 第1回海外日系新聞放送協会賞
    努力賞「壁の向こうでー在日フィリピン日系人」(2000年)
  • 第2回海外日系新聞放送協会賞
    ニュース部門賞「大統領弾劾裁判についての一連の報道」(2001年)
  • 第5回海外日系新聞放送協会賞
    大賞「移民一世紀」(2004年)
    ニュース部門賞「日本援助パソコン連続窃盗事件」(同)
  • 第6回海外日系新聞放送協会賞
    ニュース部門賞「イスラム過激派獄中反乱をめぐる一連の報道」(2005年)
  • 第7回海外日系新聞放送協会賞
    大賞「年間企画『慰霊碑巡礼』」(2006年)
    ニュース部門賞「非常事態宣言をめぐる一連の報道」(同)
  • 第8回海外日系新聞放送協会賞
    ニュース部門賞「フィリピンを襲った大地滑り・泥流災害の報道」(2007年)
  • 第10回海外日系新聞放送協会賞
    ニュース部門賞「首都圏マニラ市を中心に出回った精巧な偽一万円札をめぐる一連の報道」(2009年)
  • 赤十字国際委員会主催の「人道に関する報道」コンテスト
    新聞・雑誌部門3位入賞「ミンダナオ和平問題に関する現地ルポ『対立から共存へ』」(2013年)