まにら新聞ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピン発のニュースを毎日配信しています。

マニラ
34度-25度
両替レート
1万円=P4,420
$100=P4,830

10月18日のまにら新聞から

母子の絆、断ち切るな 収監者の出産

[ 641字|2020.10.18|社会|新聞論調 ]

 略奪行為の容疑で拘束された政治家は歯の痛みで拘置所からの一時帰宅を認められた。一方で、生後3カ月の娘リバーちゃんと一緒に過ごすため、23歳の母レイナメイ・ナシノ容疑者は闘い続けなければならなかった。

 昨年11月、左派系政党連合マカバヤンの事務所に警察が踏み込み、同容疑者ら3人の人権活動家を銃と爆発物の不法所持容疑で逮捕した。3人は証拠が仕込まれた「でっちあげ事件だ」と訴えている。

 ナシノ容疑者は逮捕当時、妊娠していた。7月1日にマニラ市の病院でリバーちゃんを出産。未熟児だった。拘置所での授乳を望んだが、「拘置所は赤ちゃんのための場所ではない」とマニラ地方裁判所に却下された。

 そうした状況の中、リバーちゃんは9月24日に肺炎でマニラ医療センターに搬送された後、10月9日、急性呼吸窮迫症候群で亡くなった。

 母は通夜出席のため3日間の一時帰宅を求めたが、拘置所の女性寮所長が「3日間監視する十分な人員がいない」と反対。マニラ地裁は通夜の3時間、埋葬の3時間に短縮した。

 娘と会える初めての一時外出が通夜になった母は14日、葬儀場に到着した。警察が厳重に警備し、手錠をかけられ、コロナ対策用の防護具を着けていた。娘の亡骸と3時間、涙ながらに過ごしたという。

 早急に妊娠中の収監者と育児が必要な母親のための施設を整備し、規則も改革する必要がある。母と子の間には特別な絆がある。2人のような悲劇が繰り返されないように、あらゆる努力が必要だ。(16日・スター)

社会

首都圏MECQ緩和で感染増加 GCQ移行判断「時期尚早」と政府

[ 1045字|2021.4.20 ] 無料記事

【首都圏MECQは機能していない可能性ありとOCTAリサーチ、政府も5月以降GCQ緩和の判断は時期尚早と表明するなど慎重姿勢】 フィリピン大などの専門家グループ「OCTAリサーチ」のギド・ダビッド氏は17日、ラジオ局のインタビューで「感染が再び増えている」とし、首都圏と近郊4州を12日に最も厳しい防疫強化地域(ECQ)から修正防疫強化地域(MECQ)に一段階緩和した政府の措置に問題があった可能性を指摘した。  大統領府も18日、5月に首都圏などの防疫措置を「一般防疫地域(GCQ)へとさらに緩和するかどうかを判断するのは時期尚早だ」と表明。5月以降もMECQが続く可能性が出てきている。  17日のABS―CBN電子版によると、OCTAリサーチのダビッド氏は、首都圏などで3月29日からECQが実施される前の週の感染者数の増加率は前週比60%増と極めて高かったが、ECQが導入された1週目には20%増に縮小し、2週目には感染者数は減少に転じたと指摘。しかし、首都圏と4州がMECQに緩和されると、すぐに「再び首都圏は4%増に転じた」としている。  ダビッド氏はもう少し感染者数の推移を見る必要があるとしながらも「われわれは非常に心配している」と述べている。  19日付英字紙トリビューンによると、ノグラレス内閣相は18日、ラジオ局のインタビューで、新型感染症省庁間タスクフォース(IATF)が5月以降の防疫区分変更を大統領に勧告するには4月最終週のコロナ感染状況に関するデータを分析する必要があると指摘した。首都圏の集中治療室(ICU)の病床使用率が現在85%前後、コロナ病棟(相部屋)の病床使用率も70%前後といずれも高止まりしていることから、政府は臨時病床の増設に「全力を尽くしている」とも内閣相は述べている。  ▽内科医協会も批判  OCTAリサーチのダビッド氏の発言については、フィリピン内科医協会のリムピン副会長も18日、ラジオ番組で「われわれも政府に対しMECQに緩和せずECQを継続するよう要請文を送っていたが、聞き入れられなかった」と防疫措置緩和を批判。  現在、国内のほとんどの病院はコロナ患者の急増により、稼働率が通常の2倍になっており、救急救命室(ER)をコロナ患者用の集中治療室などに転用している状況だと訴えた。  さらに、政府がECQに指定した地方自治体で給付金を支給した際の方法についても「社会的距離を守らせずに住民を並ばせており、感染者増を招きかねないやり方だった」とした。同副会長は濃厚接触者の追跡と感染者の隔離の徹底を改めて政府に求めている。(澤田公伸)