まにら新聞ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピン発のニュースを毎日配信しています。

マニラ
31度-25度
両替レート
1万円=P4,615
$100=P4,935

3月25日のまにら新聞から

医師4人死亡、10人が感染 新型コロナウイルス 広がる院内感染 防護具不足も深刻

比国内で新型コロナウイルスに感染して医師4人が死亡したほか、医師10人が感染

[ 694字|2020.3.25|社会 ]
新型コロナウイルスに感染した疑いがある者を隔離するため、首都圏ケソン市に急きょ設置された屋外の施設(EPA=時事)

 フィリピン国内で医師4人が新型コロナウイルスに感染して死亡したほか、医師10人が感染していたことが分かった。医療従事者用の防護具の不足や患者の情報開示不足などが原因で、各地で病院内の感染が広がっているとみられる。24日付英字紙スターなどが報じた。

 比医師会によると、亡くなったのは、マニラ・ドクターズ病院の麻酔科医グレッグ・マカサエット、フィリピン心臓センターの心臓専門医イスラエル・バクトル、サンフアン・デディオス病院のがん専門医ローズ・プリドの3氏と、ルソン島北部パンガシナン州の呼吸器科医。

 マカサエット医師の妻で医師のエベリンさんも新型コロナウイルスに感染し、マニラ・ドクターズ病院に入院中。このほか医師9人が感染し、病院で治療を受けている。

 症状から感染の疑いがあり、検査を受けている医師も多数いる。保健省に協力して検体の検査を引き受けている比大マニラ国立衛生研究所に属する分子生物学バイオテク研究所の所長もその1人。担当していた患者のうち2人が死亡したことから隔離されているという。

 比医師会のホセ・サンチャゴ会長は、4人の死について深い哀悼の意を表明。「悲しみとともに挫折感がある。防護具なしで新型ウイルスと前線で闘うのは、武器なしで戦争に行くようなもの。4人の死を無駄にしないためにも、医療従事者に防護具が行き渡らせるきっかけにしたい」と話している。

 同会長はデュケ保健相に先週、医療従事者に防護具を確保するよう手紙で訴え、一部の民間病院は、スタッフ用の防護具の不足のために、運営を一時停止する必要があるかもしれないことを明らかにしている。(谷啓之)

社会