まにら新聞ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピン発のニュースを毎日配信しています。

マニラ
32度-24度
両替レート
1万円=P4,530
$100=P4,835

2月9日のまにら新聞から

なぜ購入しないのか 新型肺炎検査キット

[ 644字|2020.2.9|社会|新聞論調 ]

 「新型コロナウイルスに感染しているかどうか、すぐに判定できる検査キットがある。お金があるのに、なぜ購入しないのか」。公衆衛生上の緊急事態対応に関する4日の上院聴問会でトレンティノ議員がドゥケ保健相に迫った。これに対し、保健相は迅速に判定できるキットがなかったため、新型肺炎の確認が遅れたことを認めた。

 「誰がウイルスに感染しているか知っていれば、コントロールはより易しく、人々はより安心するだろう」。防護服など医療従事者の感染防止に必要な物には予算が手当てされているが「世界的なパンデミックになる恐れがあるウイルスと戦う最初の期間は検査キットが最優先だ」と同議員は指摘。8〜15分で判定できると報じられている中国江蘇省で開発されたキットにも言及した。

 新たな検査キットも国立衛生研究所の医療専門家によって開発され、その評価のために来週、保健省に提供される予定だ。市場で流通可能にするため専門家と調整するよう同議員はロペス貿易産業相に連絡済みだ。

 ウイルスの判定は当初、綿棒で採った検体をオーストラリアの研究所に送って確認するしかなかった。現在は首都圏モンテンルパ市の熱帯医学研究所で日本から贈られたキットで判定できる。判定時間は48時間以内という。しかし、政府は寄贈を1週間待ち、その分対応が遅れた。保健省によると、4日には新型肺炎の疑いで検査中の人が105人に達した。中国人男性1人が死亡、男性に同伴していた女性に加え、5日には3人目の感染者が確認された。(6日・マラヤ)

社会

ワクチン接種始まる 比総合病院長が1番手

[ 693字|2021.3.2| ] 無料記事

【ワクチン接種事業が政府系6病院で始まる。1番手は比総合病院院長】 中国シノバック製のワクチンを使った政府ワクチン接種プログラムが1日午前、首都圏6カ所の政府系病院で始まった。フィリピン総合病院(PGH)では同日午前9時すぎ、レガスピ院長が比人医療従事者として国内で初めて公開接種を受けた。  同病院では政府のワクチン担当責任者のガルベス大統領補佐官やアバロス首都圏開発庁長官も午前中に接種を受けた。  レガスピ院長は接種を受けてから30分ほど副反応などがないか調べるため接種会場にとどまった。ロケ大統領報道官も同病院でのワクチン接種開始を見守った。PGHでは初日に医療従事者ら約100人が接種を受けたもよう。今回の接種を受けた医療従事者らは4週間後に2回目の接種を受ける予定。  新型感染症国家タスクフォースの副議長を務めるビベンシオ・ディソン氏も同日、ホセ・N・ロドリゲス病院で接種を受けた。モレノ・マニラ市長もPGHでの公開接種を見守り、医療従事者らの接種が終わった後で、自分も接種することを表明している。国家警察総合病院でもワクチン接種が始まった。  ガルベス補佐官は同日「ワクチン接種は有害とのフェイクニュースが流布されている」とした上で「ワクチンを接種しなければわれわれはかつての生活に戻ることができない。ワクチン接種は人々の道義的責任でもある」と述べて国民に接種を呼びかけた。  同補佐官によると、28日に到着したシノバック製ワクチンは3日から4日にかけてセブ市のビセンテ・ソット記念病院に、5日から6日にかけてダバオ市の南部フィリピン病院にそれぞれ送られ、医療従事者を対象としたワクチン接種は3月中に完了する予定。(澤田公伸)

比総合病院でガルベス大統領補佐官やロケ大統領報道官らが見守る中、公開接種で最初にシノバック製ワクチンの接種を受けるレガスピ院長=大統領府報道班提供