【不動産購入の魅力②】安定的な家賃収入を得やすい!

コインを積み上げた写真

本日は、不動産の2つ目の特徴
「安定的な収入」について
考えていければと思います。

不動産での収入は大きく2つあります。
1.家賃収入
2.物件を転売したときの差益
※売却価格-購入価格

今回は、この「家賃収入」に絞り、
話をしていければと思います。

家賃収入というのは、当たり前ですが、
とても安定的ですよね?

今月5万円の家賃が、
景気や為替の影響を受け、
来月は10万円、
再来月は3万円というように
基本的には変動しません。

また、借主が、引っ越し後1月もたたずに、
また引っ越すというケースも稀。
基本的には長く住む=安定的に家賃収入が
得られます。

確かに、空室が発生すれば、当然、
空室分の収入は
減ってしまいますが、FXのように、
自己資金の10倍稼いだ翌日に、
20倍損を出すようなことはありません。

また、空室が発生した場合には、
広告費を増やす、部屋を
リフォームするなど、
家主の努力でカバーしやすいのも
不動産の魅力ですね。

株やFXは、チャートを分析することは
できても、株や外貨の価格を自分の
意志で操作することはできませんので、
万が一の時も対策がしやすいです。

投資をすると聞いた時、
一時的に莫大な資金を稼ぐよりも、
「この安定的な収入」を望むという
人は多いのではないでしょうか?

仮に、流行りの仮想通貨等で5000万円
稼いだとしても、一時のこと。
雑所得で55%利益が持って
いかれてしまうので、
手元に残るのは、2250万円。

非常に魅力的な金額ですが、
30代・40代の働き盛りの人なら、
5年~10年以内に給料だけでも
稼げるでしょうし、
定年退職まで、月日もあるため、
そのまま仕事を辞めるわけにもいかない
金額かと思います。

しかし、もし月30万円の家賃収入が
できたとしたらどうでしょう?

短期的には、2250万円に比べると、
物足りないですが、常に毎月、
安定して収入が入るのは、
将来の計画を非常に立てやすくなるのでは
ないでしょうか?

空室リスクを少なくし、限りなく
満室経営ができていれば、
年金代わりにも、この家賃収入を
とらえることが できると思います。

私自身、投資家としての最後のゴールは、
この「不動産」に焦点を当てています。

ハイリスク×ハイリターンの投資商品で
資本を爆発的に増やし、その投資利益で、
収入をあげ、ローンを使い、
不動産を買い増していく。

ローンや融資を駆使し、
5億円の不動産を購入。

各諸経費や、ローン返済、税金をひいて、
実利3%で運用したとしても、
これだけの資産があれば、年1500万円。

月125万円を寝ていても、
半永久的に稼ぎ続けることが
可能になります。

※もちろん、途中で物件の老朽化や
修繕費等もかかるので、
永久に同じ物件のまま
稼ぎ続けるのは困難です。

これだけあれば、王様のような生活には
届きませんが、仕事や子育て、
老後に関しても、かなり自由な選択をできる
機会が増えると思います。

10億円のメガ大家にまで達すれば、
実利3%でも3000万円。

ここまでくれば月250万円の収入ですので、
投資利益だけでその後、食べていくことも
視野に入ります。

さて、ではフィリピンの不動産は、
果たして安定的な収入になるのでしょうか?

次回は、フィリピン不動産の客付けの
安定性について、お伝えいたします。

関連記事

  1. フィリピンの大きなマンション

    大きくわけて3つ!フィリピン不動産購入における支払い方法について

  2. ホテルの写真

    ホテルコンドのデメリットとは?魅力たっぷりの不動産にも落とし穴が…

  3. オフィスビルの夜景の写真

    【不動産購入の魅力③】低労働で収入を得られる!

  4. グラフ

    【フィリピン不動産応用編】収益最大化のポイントとは?

  5. インフレのグラフの写真

    【不動産購入の魅力④】インフレに左右されない強さがある?!

  6. フィリピン不動産の購入でローンは組まないほうがいい!市況から見たローン事情とは?

  7. 家具とかない部屋

    空室には理由がある!入居されない物件の共通点とは?

  8. 街の人たちの写真

    人口推移から見るフィリピン不動産の未来

  9. ホテル内のプール

    【不動産購入の魅力⑤】購入で節税対策に?!

公式オンラインサロン開設(準備中)

PAGE TOP