【フィリピン不動産購入の魅力①】リスクが少なく安定収入が見込める!

二人の男性

本日は皆様に【フィリピン不動産購入のメリット】についてお話させて頂きます。

不動産投資は株などに比べるとリスクが小さくて安定した収入が得られます。

日本国内で不動産購入を考えられている方もおられますが、現在、日本は高齢化が進み、これから社会保障等の負担、老後の貯蓄など、経済はまだまだ停滞すると思われます。

そのような時は従来の運用方法ではなく、海外不動産の投資へ考え方を転換するのも1つの方法です。

すでにフィリピン不動産への投資は活発化しています。
思い切って国内から海外へ目を向けた方が有利な不動産投資ができます。

フィリピン不動産への投資が活発化したのは、人口分布が日本とは逆で平均年齢が23歳と非常に若いのです。
そのため不動産投資には最も適しています。

フィリピン不動産のメリットは人口だけではなく、経済成長率もアジア諸国の中では高いのです。

先日もお話させて頂いた通り、GDP年間成長率が常に6%を超えており、順調に推移しています。

経済成長率と不動産価格は比例するので、投資先としては魅力があります。

またフィリピンの中心であるマニラ首都圏のインフラ整備が進んでおり、利便性のさらなる向上が期待できます。

特にマニラ首都圏の高級なマンションでも1000万円で購入できるという価格の安さもフィリピン不動産の特徴です。

またビザを持っていると銀行からの融資が受けられる上に、賃貸の利回りが良いのも特徴です。例え手持ち資金が少なくても、融資を受けることによって不動産購入が可能です。

ここで一つ具体的な購入方法例を一つ挙げさせて頂きます。

フィリピン不動産購入において、よく利用される購入方法が「プレビルド」です。

「プレビルド」とは、不動産購入の際に、日本のように「頭金」を用意する必要はなく、売買契約時以降、毎月少額づつ支払っていきます。物件にもよりますがイメージとしては「頭金」を物件引き渡しまでの間、少額づつ支払っていくイメージです。

引き渡し時に残額を支払うのは日本と同じです。
※物件によって異なるケースもありあくまで一般的なケースでの話としています。

つまり、「プレビルド物件」の場合は頭金の用意がなくても不動産購入ができるため、購入時の敷居が低い、そして購入時以降は少額を少しづつ払っていくため支払計画が立てやすいというメリットがあります。

そして、このプレビルド方式のメリットを活かした投資スタイルがいわゆる「キャピタルゲイン狙い」の不動産購入です。

既に成熟しきっている日本のような国では考えられませんが、フィリピンように成長率が6%を超えるような国においては不動産価格も驚異的なペースで毎年上昇しています。

この「不動産価格の上昇率」と、「初期投資が少なく済む点」を活用し、少ない資本で不動産を購入しておき、不動産価格が上昇する過程の中で、竣工を待たずして転売するというスタイルです。

たとえばフィリピンのコンドミニアムなどは建設開始から竣工までは3~5年程かかるケースも多く、この期間中に不動産価格も上昇しますから転売による「キャピタルゲイン」が狙えるというカラクリです。

しかし、投資にはメリットとデメリットが必ずあります。

・フィリピン不動産投資のデメリット
コンドミニアムの建設までには先程述べた通り、3~5年などある程度の年月がかかるケースが多くあります。その間に建設資金がショートし物件が完成しないというリスク、あるいはデベロッパーの会社が倒産するというリスクなども0ではないと言えます。

現在、様々な日系不動産企業がフィリピンに注目しています。

もちろん私たちもビジネスですから、不動産をお客様に購入して頂くことで私たちは利益が生み出せます。

しかし、上記で述べたようなアクシデントがお客様に起こることがないように、ただ、仲介するだけではなく、弊社では、信頼のおけるデベロッパーと良質な物件を厳選してお客様に紹介させて頂いております。

信頼のおけるデベロッパーの厳選に関しては、弊社の役員であるALEJANDRO S. MAÑALACがフィリピンで築いてきた人脈から、信頼できるビジネスパートナーを厳選しています。

また、物件においては必ず弊社の社員が現地視察を行い、物件の見極めを行っています。

下の画像ですが、これは現在建設中の高層オフィスビルを視察した時のものです。

多くの企業が立ち入ることができない建設中の高層ビルですが、弊社が築いてきたコネクションにより、特別に立ち入り許可を頂き視察を行いました。

この建物は2年後には30階の高層オフィスビルとして完成予定です。

弊社の強みは、最先端の情報を手に入れ、弊社しかできない建設中の建物内視察等、厳選した物件をお客様に紹介することができるところにあります。

もし、お客様が現在フィリピン不動産に興味を持たれているなら。

それは、投資目的、移住目的と様々なご希望があられると思います。

そのようなお客様に弊社からお願いがあります。

あなたの大切な財産を任せる企業を厳選してください。

高度経済成長を続けるフィリピンでは様々なビジネスチャンスもありますが、そこにはリスクも存在します。

弊社ではこれからもフィリピンの魅力を伝えるため。

弊社のことを知って頂くために、情報発信を続けていきたいと思っております。

皆様の大切な資産運用のために弊社の発信する情報に今後も注目して頂ければ幸いです。

それでは、本日はここまでとさせて頂きます。

最後までお読みくださりありがとうございました。

関連記事

  1. 海が見える食卓

    フィリピン不動産を購入したあとの流れとは?

  2. ホテル内のプール

    【不動産購入の魅力⑤】購入で節税対策に?!

  3. フィリピン不動産の購入でローンは組まないほうがいい!市況から見たローン事情とは?

  4. フィリピンのビルが建ち並んでいる

    期待で胸が躍る!フィリピン不動産の将来

  5. フィリピン不動産の購入・所有・運用でかかる税金はどれくらい?購入時の規制も解説

  6. コインを積み上げた写真

    【不動産購入の魅力②】安定的な家賃収入を得やすい!

  7. インフレのグラフの写真

    【不動産購入の魅力④】インフレに左右されない強さがある?!

  8. オフィスビルの夜景の写真

    【不動産購入の魅力③】低労働で収入を得られる!

  9. 部屋の写真

    購入前におさえたい!プレセール不動産のメリット・デメリットとは?

公式オンラインサロン開設(準備中)

PAGE TOP