まにら新聞ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピン発のニュースを毎日配信しています。

マニラ
33度-24度
両替レート
1万円=P4,400
$100=P4,845

3月3日のまにら新聞から

首都圏 4月にMGCQも 接種開始で楽観論広がる

[ 680字|2021.3.3|社会 ]

 新型コロナウイルス防疫対策で一般防疫地域(GCQ)に長く据え置かれている首都圏について、ドミンゲス財務相は1日、4月には一番規制の緩い修正一般防疫地域(MGCQ)に移行されるとの見通しを明らかにした。

 2日の英字紙マラヤ電子版によると、ドミンゲス財務相は1日、4月に首都圏のMGCQ移行が可能になるかとの質問を受けて「私はそう信じている」と答えた。

 ドミンゲス氏はまた、新型コロナワクチンについて国と地方自治体は「すべての成人が一刻も早く接種されることを保証するために民間企業と協力している」と述べた。国の予防接種プログラムの資金調達を担当している同氏は先週、「強力な民間部門が経済の復興戦略の鍵」として、接種プログラムでは労働者が優先されるとも述べていた。

 2日の英字紙ビジネスワールド電子版によると、ロペス貿易産業相も1日、ワクチン接種が始まったことを受けて「フィリピン経済は2023年よりも早く回復する可能性がある」と語った。

 ドゥテルテ大統領が2月28日に、フィリピン経済が通常に戻る時期について「2023年」と述べたことに対する発言で、ロペス氏は記者団へのメッセージで「それより前に経済が回復する可能性はある。我々は他の経済改革やプログラムを通じて最善を尽くす」と伝えた。

 大統領は中国シノバック社製ワクチンが到着した際、「国が回復するための唯一の方法は、経済を再開し、企業が事業を再開できるようにすることだ」と指摘。その「再開の条件」について「少なくとも2千万〜4千万人分のワクチンを用意できることだ」と述べていた。(谷啓之)

社会

防疫区分を1段階緩和 4月末までMECQに

[ 708字|2021.4.12 ] 無料記事

【首都圏と近郊4州を、30日まで修正防疫強化地域(MECQ)へと緩和】 ロケ大統領報道官は11日、首都圏と近郊4州の防疫区分を防疫強化地域(ECQ)から修正防疫強化地域(MECQ)へと1段階緩和すると発表した。期間は4月12〜30日。外出禁止時間もこれまでの午後6時〜午前5時が午後8時〜午前5時に短縮される。このほか、MECQで新たに認められる活動の詳細は発表されていない。  これでECQに置かれる州や市はなくなり、MECQに置かれるのは首都圏とブラカン、リサール、ラグナ、カビテの4州に加え、アブラ州、サンチャゴ市(イサベラ州)、キリノ州の計8カ所となった。  MECQからさらに1段階緩い一般防疫地域(GCQ)に置かれるのはカガヤン、イサベラ、ヌエバビスカヤ、ケソン、バタンガス、南ラナオの各州、タクロバン市(レイテ州)、イリガン市(北ラナオ州)、ダバオ市、コルディリエラ行政区。それ以外の地域は最も緩い修正一般防疫地域(MGCQ)となる。  医療や統計の専門家の間では、首都圏などのECQはさらに延長すべきとの声が強かったが、経済的損失を懸念する財界の訴えもあり、政府は1段階の緩和に踏み切ったとみられる。  11日英字紙インクワイアラーによると、フィリピン大などの専門家グループ「OCTAリサーチ」は10日、感染押さえ込みについて「希望はECQ延長にある」とし、首都圏などについては最低1週間の延長を求めていた。  1人の感染者から何人に広がるかを示す「実効再生産数」(R0)は、ECQが始まった3月29日以前には首都圏1・88だったが、2週間で1・23にまで改善。しかし、新規感染者数が減少に転じる1を割り込むまでは、厳格な防疫措置が必要と訴えていた。(岡田薫)