まにら新聞ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピン発のニュースを毎日配信しています。

マニラ
33度-23度
両替レート
1万円=P4,465
$100=P4,845

3月27日のまにら新聞から

比の中国研究第一人者が死亡 新型コロナで中国に対する怒り

[ 787字|2020.3.27|社会|新聞論調 ]

 首都圏封鎖が発表された先週、新型コロナウイルスにより一人の偉大な人物を失った。中国研究の第一人者であったアイリーン・バビエラ比大教授がパリから帰国してまもなく新型肺炎で亡くなったのだ。我々にとってアイリーンは偉大な研究者というだけでなく、寛大なメンターで信頼できる友人、業績が豊富で有能な同僚だった。多くの栄誉を受けながらも、柔和な話しぶりで慎み深く、若い研究者にとって世代を超えた希望の星だった。

 40年にわたる中国研究を振り返ったエッセイで、彼女は若い研究者に対し、「自分の研究課題に感情を持ち込まないように。今日の比中関係を考慮に入れると困難かもしれないが、つねに客観性を維持するよう努力しなさい」と忠告している。我々はこの忠告を心に刻む必要があるが、同時に、ウイルスによる感染症が昨年発見された際にその危険性を警告した医師を弾圧し、組織ぐるみで隠ぺいしようした中国指導者層に対する抑えきれない怒りの感情を持つ者もいる。

 イタリアで1日800人近い死者が出たという最近の猛威を知るとさらに怒りは強くなる。イタリアで「これは戦争だ」という病院関係者の声が出る一方で、中国では新しい感染者がゼロだったとの報告も。自国で危機を脱した中国は今や、世界の感染国に対し医師団を派遣し、医療器材を送るなどして世界の救世主として振る舞おうとしている。また新型コロナに米国防省が関与しているとする陰謀説も唱えている。しかし、中国の一部報道では、昨年のウイルス感染発生時の証拠を隠滅するよう中国人科学者たちが命じられたことも報じられている。トランプ米大統領が「中国ウイルス」と人種差別的な用語を使って怒りをぶつけている。世界の国々も中国からのマスクや医療機器などの支援は歓迎しながらも、中国政府の責任も追及するであろう。

(24日・インクワイアラー、リチャード・ヘイダリアン)

社会

マニラ日本人学校で卒業式 タギッグ市許可 対面で実現

[ 835字|2021.3.9| ] 無料記事

【マニラ日本人学校で卒業式。タギック市の許可を得て少人数の対面で実現】 マニラ日本人学校(ダギッグ市、梶山康正校長)で8日、小学部と中学部の卒業式が行われた。同校の授業は昨年3月の新型コロナ防疫措置強化以来、オンラインのみで行われているが、卒業式はタギッグ市の許可を得て対面で行われ、約1年ぶりに生徒児童が学校に集まった。  ただし、日本に帰国中で受験などのため再入国できない生徒児童も多いことや、感染防止への配慮から、小学部卒業生22人、中学部卒業生15人のうち、実際に学校に来たのは小学部10人、中学部4人のみ。保護者約10人も参加したが、やや寂しい卒業式になった。他の卒業生や在校生はオンライン参加した。  バスケットボールコートで行われた式ではまず梶山校長が「未来は君たちの手の中にある。未来を創っていくのは君たち自身だ」と卒業生にはなむけの言葉を伝えた。  小学部在校生の「送る言葉」はオンラインで行った。中学部は2年生で1人だけ出席した生徒会副会長の南澤慧海(えかい)君が送辞で「全校みなで卒業生を祝福したかったが、卒業生の今後の活躍を願っている」と述べた。  答辞は生徒会会長の菊地娃香(あいか)さんが「コロナによって一つ一つ、いろいろなことが削られていってしまった」とこの1年を振り返りつつ、同級生、先生、親らに「これまで本当にありがとう」と涙声で繰り返し感謝の言葉を伝えた。菊地さんは「私たちはあすからそれぞれの道を歩んで行くが、ここは、ずっと第2のふるさとです」と結んだ。  式後、梶山校長は「出席者を絞り、屋外でやる ことで、なんとか対面で卒業式ができたことをうれしく思っている。タギッグ市の配慮にも感謝している」と語った。同市内の学校で対面の卒業式が行われるのは初めてで、同市職員も「モデルケース」として見学に訪れた。  マニラ日本人学校の在校生は現在、日本に帰国中の生徒児童を含め、小学部142人、中学部42人の計184人。昨年3月時点の計460人と比べるとコロナ禍で大幅に減っている。(石山永一郎)