まにら新聞ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピン発のニュースを毎日配信しています。

マニラ
35度-26度
両替レート
1万円=P4,380
$100=P4,810

12月15日のまにら新聞から

ハロハロ

[ 574字|2014.12.15|社会|ハロハロ ]

 くい打ち工事を開始してからちょうど1年。念願の工場建設が終わり、今月11日に晴れて開業式を行った。完成したのは、衛生用品、生活用品の材料となる不織布の生産ライン。東南アジア地域では最大規模そして最新鋭の機械設備を誇り、日本および同域内における将来の不織布需要増を確信した上でのインドネシア進出である。

 式は東ジャワ州の伝統舞踊を伴う、華のある内容だったが、この日に至る道は山、谷の連続だった。最大の難関は予想通り、いや予想以上に硬直・腐敗した地方官庁の行政姿勢と、官民問わずの無責任体質。税関や投資関係部署の役人が裏金を欲しがっているのを重々分かりながらも正攻法で押し通したため、通常2週間とされる輸入手続き終了に2カ月費やした。納期などの約束はほとんどが空手形に終わった。それだけに粘りに粘って手続きを終わらせた際の達成感は忘れられない。

 式の最中、さまざまな思いが頭の中をよぎった。無念だったのは式を1週間後に控え、「蜂窩織炎(ほうかしきえん)」という化膿(かのう)性の細菌感染症にかかったこと。右足首を中心に赤く大きくむくみ、痛みで歩行困難に陥り、同僚らに迷惑をかけてしまった。地元病院の初診で病名は分からず、結局、電送した患部写真を見た日本の知人からの情報で判明した。海外では健康維持がいかに大切かを身をもって知った。(道)

社会

「仲裁裁定は紙切れ」 討論会は撤回

[ 1058字|2021.5.8| ] 無料記事

【南シナ海問題に関する仲裁裁判所の裁定で大統領「ゴミ箱行きの紙切れ」】 ドゥテルテ大統領は5日夜の国民向け演説で、南シナ海における中国の領有権主張を退けた2016年7月の仲裁裁判所の裁定について「同裁定は単なるゴミ箱行きの紙切れにすぎない」と表現し、国際法としての実効性が伴わないとの見方を披露した。大統領は昨年9月、米ニューヨークで開催された第75回国連総会の一般討論会にオンラインで参加し演説した際、仲裁裁定について「この裁定は今や国際法の一部であり、弱体化させようとする試みを断固として拒否する」と明言しており、今回の「紙切れ発言」との齟齬(そご)が問題になりそうだ。  7日付英字紙スターによると、大統領は5日の演説で「アキノ前政権はスカボロー礁で比中の船舶が対峙(たいじ)した際に、米国政府の仲介による合意に基づいて比側が沿岸警備隊の船舶を引き揚げたものの、中国側が船舶を引き揚げずにそのまま同礁を占領されたため、比政府が仲裁裁判所に提訴した歴史がある」と経緯を説明した。その上で大統領は「裁定で勝利したからその実現を追求せよ、と批判されている。自分も追求したが、何も起きなかった。単なる紙切れにすぎないからだ」と自身の立場を擁護した。  この発言について、ロケ大統領報道官は6日、記者会見で「大統領は中国の視点について述べたに過ぎない」と火消しに努めた。報道官は「ゴミ箱行きの紙切れに過ぎないというのは中国政府の視点で、なぜなら中国は仲裁手続き自体に参加してこなかったからだ」と持論を展開。さらに「カルピオ元最高裁判事らが大統領は裁定の執行に向けて何もしていない、と批判を続けているが、執行のためのメカニズムがないのにどうやって執行するのか」とけん制した。  デルロサリオ元外相は6日に声明を発表し、「比の大統領が中国側に立ち、裁定を貶(おとし)め、フィリピン国民の権利を害していることは『国家的悲劇』だ」と改めて大統領の姿勢を批判した。 ▽公開討論を撤回  一方、大統領が5日の国民向け演説で西フィリピン海(南シナ海)問題について自分と公開討論を戦わせるようカルピオ元最高裁判事に挑戦的に呼びかけたところ、カルピオ氏は6日、「喜んで討論を受け入れる」と表明した。カルピオ氏と大統領の討論が実現すれば、次期大統領選の行方にも影響を与えるような白熱した論戦になるかと期待されたが、ロケ大統領報道官は7日、「現在は一介の弁護士にすぎないカルピオ氏と大統領が討論するのはおかしい」などと否定的な意見が閣僚の間で噴出し、結局、討論会は撤回されたと発表した。(澤田公伸)