まにら新聞ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピン発のニュースを毎日配信しています。

マニラ
35度-25度
両替レート
1万円=P4,370
$100=P4,790

7月6日のまにら新聞から

コーヒー農園事業契約 先住民団体 環境省に撤回要求

[ 304字|2019.7.6|経済|econoTREND ]

 ミンダナオ地方の南コタバト州とスルタンクダラット州に住む先住民のチボリ族やマノボ族たちが結成する先住民団体「TAMASCO」は、他の非政府組織とともに、環境天然資源省に対し、南コタバト州レイクセブにあるコーヒー農園と同省が結んでいる統合森林管理契約(IFMA)を撤回するよう求めた。先住民らは、このコーヒー農園が過去28年間にわたり先祖伝来の土地を侵食し、自分たちの農業が出来なくなっているほか、先住民コミュニティーの同意を得ずに同契約を更新したとして撤回するよう訴えている。コンスンヒ財閥の持株会社DMCIホールディングスの子会社であるM&Sコーポレーションが同農園を経営している。(3日・スター電子版)

経済

第1四半期もマイナス確実 5期連続はマルコス政権以来

[ 601字|2021.5.10 ] 無料記事

【今年第1四半期もマイナス成長か。確定すれば5四半期連続の落ち込み】 フィリピン経済は今年第1四半期(1〜3月)もマイナス成長だったとみられている。第1四半期の落ちこみが確定すれば、昨年第1四半期から5四半期連続のマイナス成長となり、マルコス政権末期以来三十数年ぶりの記録となる。  比英字紙各紙によると、第1四半期の国内総生産(GDP)の実質成長率について、民間のエコノミストはマイナス8・3%だった昨年第4四半期よりはマイナス幅が縮小するものの、マイナス成長が続くとの予測で一致している。  セキュリティーバンクのチーフエコノミスト、ロバート・ロセス氏はマイナス5・1%、ING銀行のエコノミスト、ニコラス・マパ氏はマイナス3・5%と予測。コロナ禍に伴う経済活動への規制でもたらされた失業率と不完全雇用率の高さ、家計消費の低調さが主因とされる。  20年の経済成長率は、タール火山噴火の影響が大きかったとされる第1四半期のマイナス0・7%に続いて、第2四半期が16・9%、第3四半期が11・5%と2桁の落ち込みが続き、通年ではマイナス9・6%を記録した。  7日付インクワイアラー紙によると、経済縮小の連続記録では、マルコス政権下の1983年第4四半期から86年第1四半期まで10期連続でマイナス成長だったことがある。91年第1四半期に1・1%、第2四半期に1・9%の落ち込みを記録して以降は、2019年までマイナス成長が2期続いたことはなかった。(谷啓之)