まにら新聞ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピン発のニュースを毎日配信しています。

マニラ
33度-26度
両替レート
1万円=P4,600
$100=P4,965

5月6日のまにら新聞から

太陽光発電式の灌漑施設策定中

[ 300字|2019.5.6|経済|econoTREND ]

 ピニョール農務長官はこのほど、自身のフェイスブックで、太陽光発電による灌漑(かんがい)施設(SPIS)を最初に導入する農地などを特定する国家灌漑地図(NIM)を現在、策定していることを明らかにした。計画面積は50万ヘクタールで太陽光発電機器を計6200台設置する。同地図には傾斜など土地の特性や、現在利用されている灌漑施設の情報も盛り込まれる。国内には現在約390万ヘクタールの稲作農地があるが、灌漑施設が整備されているのはうち120万ヘクタール。残りの270万ヘクタールは雨水に頼っており、通常、1期作しか行えない。SPIS事業はイスラエル企業が440億ペソを融資する。(3日・インクワイアラー)

経済