まにら新聞ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピン発のニュースを毎日配信しています。

マニラ
34度-24度
両替レート
1万円=P4,470
$100=P4,840

お知らせ

  • 3月14日(日)、28日(日)は休刊日です。

最新のトップ記事

「強制ではない」と内閣相 職場での義務付け禁止へ

 国内での政府ワクチン接種プログラムが今週から始まったのを受けて、一部の企業や地方自治体などでは接種しない従業員の就業を禁止する方針が検討されているが、ノグラレス内閣相は4日の記者会見で「政府はワクチン接種を強制するものではない」と言明、就業条件としてワクチン接種を義務付ける考えに反対の立場を示した。労働雇用省もワクチン接種の費用を使用者が負担し、接種拒否を理由とする解雇を禁止することなどを盛り込んだ職場向けのガイドラインを出す見込み。5日付英字紙マニラタイムズが報じた。

3月6日のニュース

最新の写真記事

Econo Trend

新聞論調

大衆紙の話題

ハロハロ

メトロマニライベント情報

日本語フィエスタ・オンライン

【時】2月20日(土)午前10時〜午後1時半【配信先】フェイスブックとユーチューブ【主催】国際交流基金マニラ日本文化センター【フェイスブック】@jfmanila【ユーチューブ】The Japan Foundation, Manila【詳細】facebook.com/events/1022239411521656 第48回日本語スピーチコンテストや第2回日本語ビデオコンテストのほか、コスプレイヤーらによるパフォーマンスも。今年は新型コロナウイルス感染予防措置としてオンラインで開催。配信は国際交流基金マニラのフェイスブックとユーチューブで生中継。詳細は国際交流基金マニラのフェイスブックを参照。
午前10時〜:日本語スピーチコンテスト
午前11時40分〜:日本語ビデオコンテスト授賞式
午後0時40分〜:スピーチコンテスト授賞式
日本語スピーチコンテストは日本語学習者が対象。学生、社会人、オープンの3部門で予選を勝ち抜いた9人が競う。スピーチのテーマは以下の通り。
【学生部門】
・もしも彼が、日本でうまれていたら
・まるで日本人じゃない彼女とまるで日本人の僕
・漢字をしっていれば、すべてよし
【社会人部門】
・新しい世界の扉を開いてくれたアイドル
・ふるさと
・新型コロナウイルスとの戦い
【オープン部門】
・「ありがとう」から始まった友情
・母に感謝
・コロナの時代の教育