まにら新聞ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピン発のニュースを毎日配信しています。

マニラ
33度-25度
両替レート
1万円=P4,600
$100=P4,835

速報ニュース

  • 台風19号、1日早朝にビコール地域上陸へ。マニラ空港も閉鎖
     猛烈な台風19号(比名ロリー)は31日午後5時現在、強い勢力を保ったまま、ルソン島南西部ビコール地域のカタンドゥアネス州ビラク町東北東約320キロの海上を時速25キロで西南西へ進んでいる。11月1日早朝にはビコール地域のカタンドゥアネス州に上陸、カラバルソン地域のケソン州などを経て、2日早朝にルソン島を横断し、南シナ海に抜ける見通し。
     国家災害対策本部は緊急非常態勢を発令。運輸省は1日午前10時から24時間にわたりマニラ空港(NAIA)を閉鎖すると発表した。
     日本の気象庁によると台風19号は31日午後5時現在、中心気圧は915ヘクトパスカル、最大風速60メートル、最大瞬間風速85メートル。半径95キロ以内が風速25メートル以上の暴風域、北側410キロ、南側220キロ以内が風速15メートル以上の強風域に入っている。
    [ 2020.10.31 22:10 更新 ]

お知らせ

  • 新型コロナウイルス防疫措置で、新聞の印刷や輸送に影響が出る場合があります。未配達などがありましたら、お手数ですが jpdesk@manilashimbun.com までご連絡ください。
  • 11月8日(日)、22日(日)は休刊日です。

最新のトップ記事

モール空き店舗率12.5% 首都圏の店舗賃料は10%減

モールの空き店舗比率が12.5%に拡大、賃料も10%減少する見通し

一般防疫地域(GCQ)に緩和され、営業が再開されたモールで、社会的距離を取らせるため買い物客を誘導する警備員ら=6月2日、マニラ首都圏(AFP=時事)

 国内不動産調査会社のコリヤーズ・インターナショナル・フィリピンズは29日、首都圏のショッピングモール運営状況に関する記者会見で、9月期における空き店舗の比率が12・5%と高止まりしていることを明らかにした。

10月31日のニュース

最新の写真記事

Econo Trend

新聞論調

大衆紙の話題

ハロハロ

メトロマニライベント情報

「BuyANI」生鮮食品市場

 比農務省、アヤラ財団、比レストラン協会が提携し地元の農家や生産者を支援する「BuyANI」生鮮食品市場。手頃な価格の有機野菜や果物、新鮮な魚介類、ハーブ、ワイン、コーヒーなどを販売。首都圏マカティ市のグロリエッタで開かれた「BuyANI」生鮮食品市場ではレタス、キュウリ、ダイコン、キャベツ、ブロッコリーなどの野菜類が1キロ、80〜100ペソで提供されていた。今後のスケジュールや詳細はサイトを参照 https://www.ayalamalls.com/promos-and-events