まにら新聞ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピン発のニュースを毎日配信しています。

マニラ
34度-25度
両替レート
1万円=P4,710
$100=P5,220

最新のトップ記事

豪修道女フォックスさんインタビュー 「政治活動でなく人権活動」 大統領は国民の声を聞くべき

国外退去を命じられたオーストラリア人修道女パトリシア・フォックスさんに話を聞いた

自身の活動について語るパトリシア・フォックスさん=18日午前11時ごろ、首都圏ケソン市の自宅で森永亨撮影

 オーストラリア人修道女パトリシア・フォックスさん(71)は4月25日、入国管理局から「党派的な政治活動に関わった」として宣教師ビザを取り消され、30日以内の国外退去を命じられた。1990年に修道会・シオンの聖母(NDS)の宣教師として来比後、約30年間、人権問題などで活動を続けてきたフォックスさんは「これまでこのような問題になることは一切なかった」と話す。退去命令の期日が迫りつつある中、これまでの活動と今後について首都圏ケソン市の自宅でフォックスさんに聞いた。(聞き手は森永亨)

5月21日のニュース

無料記事

最新の写真記事

Econo Trend

新聞論調

大衆紙の話題

ハロハロ

メトロマニライベント情報

エキスポ・マアム 2018

【時】5月18日(金)〜20日(日)午前10時〜午後9時【所】グロリエッタのアクティビティー広場(首都圏マカティ市)【費】無料【ウェブサイト】https://expomom.com/【フェイスブック公式サイト】https://www.facebook.com/mommymundo/ 赤ちゃん、子どものために最新製品の除菌製品や搾乳機、歯ぐきみがきや、歯ブラシ、体温計から、寝具、おもちゃ、地元ファッションブランドの服や靴が一斉に集う。会場ではゲームやビンゴ大会、パフォーマンスなど、ママもパパも、子どもも楽しめる。ママムンド!。今後は、セブ島、ネグロス島、ダバオ島、ケソン市、などでも開催予定。

アートと科学、工学、数学の子どもワークショップ

【時】5月19日(土)午後2時〜午後5時30分【所】アヤラ美術館【費】750ペソ(チケット購入はアヤラ美術館またはオンラインで)【年】6歳〜12歳【フェイスブック】https://www.facebook.com/events/210396196366470/【アヤラ美術館公式サイト】https://www.facebook.com/theayalamuseum/ 芸術がいかに科学と工学と数学とつながっているかを学ぶワークショップ。19日は、考古学と陶器作り。考古学における陶磁器の重要性と、陶器のデザインを学び古代もようの陶器を作る。5月29日は天文学と航海術のワークショップ。6月2日は幾何学とテキスタイルのパターンの作成。6月19日は植物学とテラリウムの作り方。詳細はウェブサイトにて。

フィリピカのサークル紹介、フィリピン生活情報&懇親会

【時】5月23日(水)午前9時半〜午前11時半まで(会場9時15分)【所】比日友好協会3階 3rd floor, Dominion Bldg. 833 A Arnaiz Avenue(旧パサイ・ロード) Makati City(首都圏マカティ市)【費】無料【連】メール filipica.fuku@gmail.com フィリピカのサークルの紹介とフィリピン生活、Q&A(子育て、日々の買い物、使用人・・・)、フィリピンで生活をするうえで必要な役に立つ情報交換と懇親会。当日は新規入会、継続手続きも受付。フィリピカ発行書籍類、ACT?のセッケンなど販売。子ども(とメイド)同伴可能。また、当日は室内の冷房対策も考慮した服装で。

比、ナショナル・アニマル・ライツ・デー

【時】6月3日(日)午後12時〜午後3時【所】リサール公園と主要都市【費】無料【フェイスブック公式サイト】https://www.facebook.com/NARDPhilippines/ 2011年に創立のNPO組織「Our Planet. Theires Too」(地球には動物も生活している)は毎年6月第1日曜日に国際イベント「ナショナル・アニマル・ライツ・デー」(動物の権利の日)を開催している。フィリピンは3回目の参加となる。