まにら新聞ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピン発のニュースを毎日配信しています。

マニラ
30度-25度
両替レート
1万円=P4,270
$100=P4,330

最新のトップ記事

7月23日のニュース

特集記事

警察同行記

首都圏エルミタ・マラテ両地区で、警官の深夜のパトロールに同行

 首都圏マニラ市マラテ、エルミタ両地区は、飲食店が立ち並び、夜になると、きらびやかなネオンが輝く首都圏屈指の歓楽街。外国人観光客も数多く、しばしば強盗やすりなど、犯罪の舞台にもなる。近年、エルミタ地区を担当する首都圏警察マニラ市本部第5分署と飲食店、ホテル経営者らが協力して、歓楽街の治安強化を進めている。警官は毎日、定...

Econo Trend

新聞論調

シリーズ・連載

比日新時代の芽生え

日本アニメ制作の比人「夢の仕事」と誇らしげ

 世界で多くの人々を魅了するアニメーション。フィリピンでは1980年代まで、米国製のアニメがあふれていた。しかし、今では日本のアニメが完全に定着し、フィリピンでのアニメ制作に関わる人材の多くが、日本アニメのファンだ。その一人に、首都圏ケソン市にある東映アニメーション・フィリピンズで、アニメーターとして働くカーライル・モ...

大衆紙の話題

拳銃で脅し回っていた男を拘束

 首都圏マニラ市パコ地区の路上でこのほど、酒に酔って暴れていた男(40)が駆け付けた警官に拘束された。調べでは、この日午後8時ごろ、男は38口径拳銃を通行人に片っ端から突きつけながら、けんかをふっかけていたという。(22日・Pトゥナイト)

ハロハロ

2014年7月21日のハロハロ

 メキシコ国境から密入国してきた10代の子供たちでテキサス州の国境の収容所が満杯となり、米国の国内問題になっている││とCNNニュースは報じている。特別の予算措置が必要だし、内政の処理を間違えば秋の中間選挙に影響してくるので、オバマ大統領も頭を痛めている。しか...

メトロマニライベント情報

映画祭「日本映画祭2014」

 25〜27日、ミンダナオ地方ダバオ市のアブリーザ・モール・シネマ2。29日〜8月3日、ダバオ市のFDCPシネマザキュー。8月6〜10日、ビサヤ地方セブ市のアヤラセンター・セブ・シネマ4。毎年恒例の比日友好月間に合わせた日本映画祭(国際交流基金マニラ日本文化センター主催)。今年は、「家族」をテーマに、アニメ、実写、ドキュメンタリーなど全17作品を上映する。大災害に見舞われた比日両国だからこそ気付かされた家族、コミュニティーの大切さを、日本映画を通して再確認する。上映作品は「家路」(14年、久保田直監督)、「桐島、部活やめるってよ」(12年、吉田大八監督)、アニメ映画「おおかみこどもの雨と雪」(12年、細田守監督)、ドキュメンタリー「ひろしま 石内都・遺されたものたち」(13年、リンダ・ホーグランド監督)など。入場無料。会場によって上映作品が異なるので、詳しい予定は日本文化センターのホームページ(http://www.jfmo.org.ph)を参照。

コンサート「アンドリュー・サイモン・ライブ・イン・マニラ」

 24日午後7時半、首都圏パシッグ市オルティガスのメラルコシアター。世界的に著名なクラリネット奏者アンドリュー・サイモンのマニラ公演。入場料は千〜400ペソ。予約はチケットワールド(891・9999、https://www.ticketworld.com.ph/)

イベント「ユニカセ 琴コンサート」

 26日午後5時半〜午後8時、首都圏マカティ市のマカティ、ジェネラルルナ両通り交差点にある、自然派レストラン、ユニカセ。三好侑さんによる琴コンサート。入場料は千ペソ、10歳以下は700ペソ。体に優しいユニカセ特製のビュッフェ式食事が楽しめる。飲み物1杯付き。24日までにメール(uniquease.restaurant@hotmail.com)か電話(519・6406)での予約が必要。

コンサート「エア・サプライ」

 8月7日午後8時、首都圏パサイ市リゾート・ワールド・マニラ内、ニューポート・パフォーミングアーツ・シアター。1980年代に「ロスト・イン・ラブ」、「シーサイド・ラブ」などヒット曲を連発したオーストラリアの2人組バンドのマニラ公演。入場料は1万2500〜4500ペソ。予約はチケットネット(911・5555、http://www.ticketnet.com.ph/)。

Transformers: Age of Extinction(邦題:トランスフォーマー・ロストエイジ)

 玩具「トランスフォーマー」を基にした米SFアクション映画の続編。発明家ケイドが低価格で購入したトラックはトランスフォーマーのオプティマスだった。人類とオプティマスは人間滅亡をたくらみ襲来したロックダウンに立ち向かう。日本公開は8月8日予定。マーク・ウォールバーグら出演、マイケル・ベイ監督。

Dawn of the Planet of the Apes

 ピエール・ブールのSF小説を原作とした「猿の惑星」の続編シリーズ。猿のリーダー、シーザーが蜂起した革命から約10年、崩壊したサンフランシスコを舞台に、生き延びた人類と猿との間で緊張が高まり、戦争へと突入してしまう。アンディ・サーキスら出演、マット・リーブス監督。

Jersey Boys(邦題:ジャージー・ボーイズ)

 1960年代に結成され、「愛はまぼろし」など数々のヒット曲を生み出した米国のロックバンド「フォー・シーズンズ」を題材にしたミュージカルをアカデミー賞監督のクリント・イーストウッドが映画化。米ニュージャージー州の貧しい土地で生まれ育った4人の若者がロックバンドを結成。友情や裏切りを通して成長していく。ジョン・ロイド・ヤング、エーリヒ・ベルゲンら出演、クリント・イーストウッド監督。

Step Up: All In

 米国でヒットを続ける「Step Up」シリーズの第5弾。米ラスベガスを舞台に、多くのダンサーが夢を追いかけ、ダンスバトルに挑む。過去作の主要出演者らが一堂に会し、これまで以上に華やかなダンスが繰り広げられる。ライアン・ガスマン、ブリアナ・エビガンら出演、トリッシュ・シー監督。

Dark Touch

 田舎町の一軒家。少女ニーヴは「家に襲われる」と訴え続けるも両親は本気にしない。ある夜、家の家具が突然動きだし、両親が超常現象の犠牲に。ニーヴは親切な隣人夫婦に保護されるが、そこでも恐ろしい現象に襲われる。ミッシー・キーティング、マルチェラ・プランケットら出演、マリナ・ドゥ・バン監督。