まにら新聞ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピン発のニュースを毎日配信しています。

本日休刊日

最新のトップ記事

遺骨収容事業

中断中の旧日本兵遺骨収集事業について議論するフォーラムが比大で開催

遺骨収集事業再開に必要な条件について話すビクター・パス比大教授=首都圏ケソン市で午前11時ごろ、遠藤美波撮影

 旧日本兵の遺骨収集事業の再開問題などを議論する考古学フォーラムが17日、首都圏ケソン市のフィリピン大学ディリマン校で開催された。有識者や学生のほか、先祖の遺骨を略奪されたと主張する先住民族など約80人が参加、事業の現状と再開の是非や課題などについて意見が交わされた。

11月18日のニュース

無料記事 英字

Bone stealing issue vs Japanese gov't revived as Abe asks Duterte to resume bone collection project

Almost ten years have pas...

最新の写真記事

Econo Trend

新聞論調

大衆紙の話題

ハロハロ

メトロマニライベント情報

ビール醸造ワークショップ

【時】11月16日(木)午前10時〜午後3時【所】ザ・ブリュワリー・アット・ザ・パレスThe Brewery at the Palace, 10th Avenue corner 38th Street Bonifacio Global City, Taguig City(首都圏タギッグ市)【費】1500ペソ ※ビール、軽食含む。【申込・問】電話09178798655(Jun Flores)、Eメール craftbeerphilippines@gmail.com  【フェイスブック】www.facebook.com/craftbeerphilippines/ フィリピンクラフトビール協会などが主催するビール造りのワークショップ。ビールの醸造過程と酵母の働きについて、専門家が解説。普段飲んでいるビールについて、より深く知ることができる。定員があるので、事前に問い合わせること。

第51回インターナショナルバザー

【時】11月26日(日)午前9時〜午後7時【所】PICC (Philippine International Convention Center), Forums 1,2 & 3, CCP Complex, Roxas Blvd., Pasay City(首都圏パサイ市)【費】入場料1人150ペソ。フィリピン外務省主催の年に1度のバザー。日本大使館を含む在比大使館、総領事館、比企業が各国の特産品などを販売する。日本大使館は古伊万里伝統絵柄などの和食器、浴衣セット、様々な和小物、着物のリメイク商品、日本のお茶やビールなど約500点の商品を取り揃える。なお、日本大使館ブースは商品がなくなり次第終了。バザーの収益金は比国内の貧困層の支援に使われる。

第7回チャリティーライブ マニラエクスプレスwith ダンスダンスダンス

【時】11月11日(土)午後4時〜午後6時【所】ACCI (Architecture Center),6082 Palma Street, cor. Rockwell Drive, Makati City(首都圏マカティ市)【費】入場料1000ペソ ※食事。ワイン含む。【問】0917-622-0898(宮地) 日本人バンド、マニラエクスプレスによるチャリティライブ。フラダンスやヒップホップ、ボリウッドなどダンスチームも子供達の家の運営資金として寄付される。