まにら新聞ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピン発のニュースを毎日配信しています。

マニラ
30度-23度
両替レート
1万円=P4,030
$100=P4,410

最新のトップ記事

記録的豪雨

首都圏などで記録的豪雨。268ミリの24時間雨量を記録。台風と季節風の影響で

首都圏マラボン市で洪水被災者を救出する国軍兵士ら=国軍提供(上)。洪水で人通りがほとんどなくなった首都圏マンダルーヨン市役所付近=19日午前10時半ごろ写す

 首都圏を含むルソン地方中部は18日深夜から19日にかけて、記録的な豪雨に見舞われた。同地方北部を通過した台風マリオ(16号)に向かって、南西季節風(ハバガット)の吹き込みが強まったため。首都圏の24時間雨量は平均月間雨量の8割弱に相当する268ミリに達し、広域の洪水被害や停電で都市機能がまひした。19日夕現在、台風と豪雨の被害は死者2、行方不明者1、負傷者2。被災者は11万4千世帯、51万3千人。政府は全容を把握し切れておらず、20日以降、さらに増えるもよう。

9月20日のニュース

特集記事

ヒロット伝える

「日本人の病んだ心身癒やしたい」比独自のマッサージ、ヒロットに魅せられた山端香代子さんに聞く

 マッサージといえば、「タイ古式」や「バリ式」などが真っ先に思い浮かぶ。フィリピンでもホテルでスパを楽しむ人は多いが、注目を集めつつあるのが、比独自のマッサージ「ヒロット」。ヒロットの世界に魅せられ、自身も技術を習得した山端香代子さん(42)=北海道函館市出身=にその由来や実情を聞いた。

Econo Trend

新聞論調

シリーズ・連載

役に立つ経済学 大嶋正治BOIアドバイザー

第17回 チャイナ+ワンは何処へ 大嶋正治BOIアドバイザー

 先月財務省により2013年上期の国際収支統計が発表されました。8月11日には日経新聞に「日本企業の海外投資、アセアンシフト鮮明、(投資額は)中国の2倍に、上期1兆円、拠点を分散」の大きな見出しが躍りました。かって「世界の工場」と呼ばれた中国には、日本だけではなく欧米の企業が大挙して生産工場を移転しました。その原動力は...

大衆紙の話題

妻子に催涙ガス噴射、夫を逮捕

 首都圏マニラ市の民家で17日夕、妻と娘に催涙ガスを噴射した疑いで夫の比人男(49)が逮捕された。調べでは、夫は、自宅のドア近くに座っていた妻と娘に向かって突然、催涙ガスを吹きかけたという。夫は帰宅した直後で、泥酔していた。(19日・Pトゥナイト)

ハロハロ

2014年9月15日のハロハロ

 自動車保険(任意)の更新書類を見て驚いた。保険料が過去3年間より約50%近く引き上げられていた。契約期間中に事故の経験もなく、間違いではないかと、損保会社に問い合わせると、昨年年齢別の料率が改定され、70歳以上が大幅に引き上げられたという。それにしても前年よ...

メトロマニライベント情報

バザー「ハンディクラフト同好会チャリティーバザー」

 20日午前9時半〜正午(完売次第終了)。首都圏マカティ市のマニラ日本人会事務所大会議室。整理券の配布は午前9時から。マニラ日本人会文化部ハンディクラフト同好会が手作りしたタペストリーやクリスマスグッズ、編み物などを販売する。入場は無料。売り上げの一部は、比の貧しい子供たちの就学支援を行っている非政府組織(NGO)、パガサの会などに寄付される。問い合わせは同好会の松下さん(0927・910・2467)。

茶会「茶道裏千家マニラ協会・秋の茶会」

 20日午前10時〜午後2時半。(最終点前は午後1時45分開始予定)首都圏マカティ市サルセドビレッジのトライデントタワー22階、マニラ日本人会和室。裏千家淡交会マニラ協会によるチャリティー茶会。秋に合わせたしつらえで、抹茶1服と和菓子を楽しめる。収益金は比で活動する日本の特定非営利活動法人「アイキャン」の事業「路上の子供たちのためのセンター設立」に寄付される。入場料は1人100ペソ。一般公開のチャリティーのため、日本人会施設使用料は、日本人会会員・非会員問わず無料。問い合わせは、0917・795・5173または 0915・317・7792。

コンサート「レイテ島に楽器を贈ろうチャリティーコンサート」

 25日午後2時(1回目)、同日午後5時(2回目)。首都圏マカティ市のマカティ大学内ミニシアター。台風ヨランダ(30号)の被災地ビサヤ地方レイテ州の学校に楽器を寄贈するためのチャリティーコンサート。主催する映画監督の今泉光司さんとジャズミュージシャンの梅津和時さんは7月にも同州の学校に楽器を寄贈した。入場料は無料。問い合わせは今泉さん(0947・159・6165)

展覧会「生花 草月マニラ支部によるデモンストレーションと展覧会」

 25〜28日まで。首都圏マカティ市のグロリエッタ5のAtrium1階。草月東京本部から細野講師を迎え、25日午後4時からデモンストレーション。26日から28日までThe Sogetsuをテーマにした展覧会を開く。入場料は無料。問い合わせは0917-791-8430。

チャリティーコンサート「マニラエクスプレス・チャリティーコンサート」

 10月4日午後6時開場、首都圏パサイ市アウロラ通りにある「Wine Museum」。マニラ駐在員で構成されるマニラエクスプレスのチャリティコンサート。大人1200ペソ、12歳以下600ペソ。2歳以下は無料。当日券はなし。ワンドリンク無料。チケット購入希望者は担当阿部さん(0915・892・1188、 mana_abe@ican.or.jp)に連絡要。チケット料金の一部は日本の特定非営利活動法人「アイキャン」を通じて台風ヨランダ被災地に寄付される。

コンサート「MARIAH CAREY:The Elusive Chanteuse Show」

 10月28日午後8時、首都圏パサイ市のSMモール・オブ・アジア。世界の歌姫マライア・キャリーが約10年ぶりに来比。「恋人たちのクリスマス」で日本でも大ヒットを記録した高音がフィリピンの観客を魅了する。入場料は1万5840〜1960ペソ。予約はSMチケット(470・2222、374・2222、ウェブサイトは www.smtickets.com)。

Beauty and the Beast(邦題:美女と野獣)

 名作「美女と野獣」を実写化したフランス映画。バラを盗んだ父の罪を背負い、娘ベルは野獣の城に閉じ込められてしまう。恐ろしい野獣のもう一つの美しい姿に気づいたベルが悲劇の中に隠された真実を解き明かすラブストーリー。日本公開は11月から。レア・セドゥら出演、クリストフ・ガンズ監督

Teenage Mutant Ninja Turtles

 政治家から警察まですべてが悪に染められたニューヨーク市は救世主を必要としていた。誰もが希望を失う中、下水道から現れた亀の兄弟が極悪非道の計画に立ち向かう。ジョナサン・リベースマン監督。

The Giver

 米国の名作SF児童小説を映画化。喜怒哀楽の感情を抑制され、すべてが管理されている規律正しい社会。社会を管理する長老会から「記憶を受け継ぐ者」に選ばれた少年は、現在の社会以前の苦痛と孤独の記憶を前任者の老人から受け継いでいく。その過程で社会の矛盾と欺瞞(ぎまん)に少年は気付きはじめる。ジェフ・ブリッジズ、メリル・ストリープら出演、フィリップ・ノイス監督。

if i stay(邦題:イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所)

 米作家原作の同名小説を映画化。チェロ奏者の才能を持つミアは恋人のアダムと良好な関係を築いている。ある日、不慮の交通事故で生死の境をさまよううち、幽体離脱してしまったミアは、アダムとの思い出を振り返りつつ、死ぬか生きるかの決断を迫られる。クロエ・グレース・モレッツ、ジェイミー・ブラックリーら出演、R・J・カトラー監督。

The Anomaly

 英国発のSFアクション映画。元兵士のライアンは、目覚めると車の後ろに見知らぬ少年と一緒にいた。少年は誘拐されたという。ライアンは少年の脱出を手伝うが、次第に忘れていた記憶がよみがえり、驚くべき事実を思いだす。イアン・ソマーハルダー、ブライアン・コックスら出演、ノエル・クラーク監督。